立ち姿勢の基本となる「山のポーズ」をマスターしよう

ヨガのすべての立ち姿勢の基本となる「山のポーズ」
このポーズをマスターすることによりさらなるヨガのポーズにつなげていくことができます。
自身の立ち姿勢を意識しながら、山のポーズをマスターしましょう。

 

 

「山のポーズ」のやり方

  1. 両足の親指をくっつけるように立ちます。
    バランスが必要であれば、足幅を広げても大丈夫です。
  2. 足の指を軽く広げ親指と小指の付け根あたりをグッと抑え込み、かかとの内側と外側もグッと抑え込むのと同時に、内側・外側の土踏まずを上に引っ張る感じで立ちましょう。
    そのまま上に引っ張る感じで背筋も伸ばします。
  3. 息を吸い、息を吐きます。
  4. 足を床に押さえつけて、頭を天井に伸ばす感じで肩の力を抜きます
    もう一呼吸します。

 

 

「山のポーズのポイント」

足裏の重心がどちらかに偏らないよう注意しましょう。
足裏全体で床を掴むように立ちます。
腹筋が弱いと腰が反ってしまうので、コアを意識してお尻を引き締めましょう。
また、お尻・裏ももが硬いと背中が丸くなりやすいため、足裏で床を押して上に伸びるように立つよう心がけましょう。
首や肩が緊張しやすい人は、首を長く伸ばすイメージを持ち、肩の力を抜きます
基本的にどなたでもトライしやすいポーズですが、体のどこかに痛みを感じる場合、無理せずにできる範囲で行いましょう。
背中を壁につけて行ったり、足幅を広めにとって体を安定させたりするのもおすすめです。

 

 

「山のポーズ」の効果

山のポーズの効果としては、「姿勢が良くなる・骨盤のゆがみを整える・呼吸を感じて促進する」といったものが期待できます。
さらには、「全身の疲労改善・集中力アップ・ヒップアップやウエストの引き締め・足のむくみ改善・下腹部引き締め・坐骨神経痛の痛みの緩和」など、期待できる効果は幅広いです。
山のポーズは立ち系ポーズの基本となるポーズですが、これをマスターすることにより、さらに多くのヨガポーズの実践も可能となるでしょう。



動画引用元:ヨガポーズ基礎の基礎 Tadasana ~ 山のポーズ

【参考URL】
ヨガポーズ「山のポーズ(タダーサナ)」の効果とやり方

【ヨガ】山のポーズのやり方・効果・注意点|画像付

ヨガの山のポーズの効果はどういうものなの?

ライター名:堀内み