寝たままできる朝ヨガ すっきりした目覚めに挑戦!

目覚めたばかりで、いつもぼーっとしてしまう方、体が思うように動かない方は、朝ヨガをはじめてみませんか?朝ヨガには自律神経を整える効果があります。寝たまま少しずつ体を動かしていくことで、確実にすっきりと目覚めることができますよ。

 

朝ヨガのやりかた

寝たままの姿勢で、足を骨盤くらいに広げます。
手は頭の上に。

右足を左足の上に重ねて、右の手首を左の手首でつかみます。
(右の体側のストレッチ)

反対に、左足を右足に重ね、左手首を右手首でつかみます。
(左の体側のストレッチ)

両膝を胸に抱えて両膝を回します。
(このとき、股関節を意識しましょう

左足は抱えたまま右足はまっすぐにします。
左足を天井へ伸ばし足首をグルグル。

左足が終わったら、右の方へ体をツイストさせて左手は大きく外側へ伸ばします。

右足も同様のことを繰り返します。

コロンと起き上がり、四つん這いに。
息を吸いおへそをマットの方に落として、吐く息でマットを押しながら肩甲骨の間を広げます。
吸う息でお腹をマットの方に落として胸とお尻を空に向けます。

手を前にして足を立てていきます。
坐骨を後ろへ持っていくように膝はいっぱい曲げます。
右ひざ・左ひざと左右に曲げていきます。

 

朝ヨガのポイント

朝ヨガを行うことで、基礎代謝が上がり、すっきり気持ちの良い目覚めを迎えることができます。
朝はさまざまな準備などで忙しい時間帯ですが、いつもより早めに起きて朝日を浴びながら時間を気にせず行いましょう。
力を抜いた状態の方が意味があります。

さらに、腹式呼吸を意識してやってみましょう。
リラックス効果が高まり、ストレスも軽減されますよ。

 

朝ヨガの効果

朝ヨガをすると、まずすっきりと気持ちよく目覚めやすくなります。
頭も冴え、美容や健康にも最適です。
深呼吸をすることで気分が明るくなるため、仕事でストレスが溜まっているときや、気分が落ち込みがちなときにも効果的ですよ。

朝ヨガは、美容や健康、ダイエットだけでなく、その日1日の言動にも影響してきますので、朝ヨガをぜひ毎日の習慣にして、気持ちの良い1日を過ごしてみませんか?

 

それでは動画をご覧ください。



動画引用元:朝ヨガ |寝たままでたったの7分!

ライター名 堀内み

【参考URL】
朝ヨガをするときの7つの重要ポイント
朝ヨガの効果