ねじりのポーズ お腹周りが気になる方必見!腹斜筋を鍛えてくびれを出す

最近お腹周りの肉が気になる」という方におすすめしたい、「ねじりのポーズ
ウエスト周辺をしっかりとねじって呼吸を行うため、血流改善やくびれ出現などのシェイプアップ効果も期待できます。
ぜひお試しください!

 

 

「ねじりのポーズ」で期待できる効果

ねじりのポーズ」は、お腹をしっかり絞った状態で深い呼吸を繰り返すため、腰回りの血行促進による温め効果や、腹斜筋への刺激によるウエストラインのシェイプアップ効果が期待できます。

 

 

 

 

いざ、チャレンジ!

  1. マットの上に腰を下ろし、両膝を立てましょう。
    “体育座り”の状態です。
  2. 左足を、右膝の下をくぐらせるようにして通し、左足の裏は右のお尻の外側に近づけます。
    このとき、右膝と左膝はできるだけおへその位置の延長線上、上下に揃うようにしてみましょう。
  3. 左右のお尻に均等に体重をかけ、重心を安定させます。
    この際、左のお尻が浮いてしまったり、股関節に痛みを伴ったりするようであれば、無理をせず左脚は前方に伸ばした状態にしてください。
  4. 立てている右膝の外側に左腕を下ろします。
  5. 息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら左腕で右膝を押すようにしながら上半身を右へとねじっていきましょう。
    ここでゆったりとした呼吸を数セット繰り返してください。
  6. ポーズを終えるときは、まず上半身を正面に戻し、次に手絡めていた両脚をゆっくりと丁寧にほどきます。
    同じ要領で反対側も行いましょう。

 

 

 

効果を高めるポイント

ねじりのポーズ」は、背筋がゆるむと効果が半減してしまうため、背筋を引き上げた状態をキープしながら行ってみましょう。
また、ねじりを深めるためにお腹をしっかりと使った呼吸を併せて行うこともおすすめします。
息を吸うときにお腹を大きく膨らませ、吐きだすときには腕でさらに脚を押すようにしてねじりを深めます。

最初はあまり深くねじることができなくても、継続することで筋肉が慣れて、次第に深められるようになるでしょう。
自分の体を大切に扱いながら、じっくりと取り組んでみてくださいね。

下記にわかりやすく解説されている動画がありますので、ぜひご覧ください。

 



動画引用元:初心者ヨガPart1☆血流を改善するねじりのポーズ

 

ライター名 : なかたり

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。