前屈ポーズ 柔軟性を高めて美と健康の維持

ヨガの数あるポーズの中でも、よく出てくる前屈系のポーズ。
心身に様々な恩恵をもたらしてくれますが、「体が硬いので苦手!」という方も多いようです。
そこで今回は、前屈を深めるポイントについてご紹介します。

「前屈ポーズ」で期待できる効果

前屈のポーズは、顔を伏せることで心を落ち着かせ、脚とお腹が近づいて圧迫し合うことによる内臓へのマッサージ効果などが期待できるポーズです。
自分のペースで正しく深めていくことで、美と健康の維持に役立つでしょう。

いざ、チャレンジ!



動画引用元:「5分ヨガ」 前屈が得意になる方法 ①

補助ツールとして、ブランケット、ヨガベルト(もしくはスポーツタオル等)を用意してください。

  1. お尻の下にブランケットを敷き、座骨を安定させます。
  2. 長座になり、両膝を少し曲げておきます。お尻をしっかり床に下ろし、背筋を十分に引き上げたら、しばらくこの体勢でキープします。
  3. ヨガベルトを両手で持って足の裏にかけたら、ベルトを手前に引いていきます。胸を広く保ち、背筋は上に伸び続けている状態です。ここで呼吸をゆったり5セットほど行います。
  4. 息を吸いながらさらに背筋を伸ばし、吐きながら上半身を前傾。ベルトを引く力をゆるめないように行うと効果的です。余裕があれば、少しずつ前傾を深めてみましょう。最終的には、お腹と太ももがくっつくところを目指します。
  5. お腹と太ももを離さないように気をつけながら、今度は膝もすこしずつ伸ばしていきます。
  6. さらに深める方はベルトを外し、両手で両足の裏をつかんで体を二つ折り状態に近づけていきましょう。

 

効果を高めるポイント

柔軟性を高めるためには、力ずくや反動で行わないことが大切です。
これは、無理に深めようとすると体は緊張し、「楽な位置に戻ろう」としてしまうからです。
まずは、息をゆったりと吐くことを意識してみてください。
そうすることで、体の余分な力が抜けて、少しずつ前屈も深めていけるでしょう。

ヨガは、あなた自身の心と体で対話をする練習でもあります。無理をせず、「今の自分にできるところ」を知り、丁寧に進めてみてくださいね!

 

ライター名 : なかたり