「カラスのポーズ」で心身のバランス力を磨く

まるでカラスが歩く姿のような「カラスのポーズ」。
両腕で体を支える、難易度高めバランスポーズです。
根気強く丁寧に練習を重ねることで、心身に多くの恩恵をもたらしてくれるでしょう。
それではさっそくチャレンジ

 

 

「カラスのポーズ」がもたらす効果

「カラスのポーズ」は、バランスに集中することで雑念が取り払われ、高いストレス解消効果があるとされるポーズです。さらに、腕や手首、肩を強くしたり、胸を大きく広げたりすることによる呼吸量の増加なども大いに期待できるでしょう。

 

 

いざ、チャレンジ!

それではさっそく実践です。
今回は、を利用した状態でチャレンジしましょう。

  1. 壁に背を向けて立った姿勢から、お尻・腿の裏・ふくらはぎ・かかとをピタリとくっつけて前屈し、手のひら全体をにつけます。
  2. かかと上げてつま先立ちになったら、ゆっくりと両膝を曲げて腿とお腹を近づけましょう。
  3. 曲げた両膝をに開き、両腕も脇をしめながら後ろへ曲げていきます。
  4. 二の腕に膝を乗せて体重を前方へ移動させたら、壁を伝うようにしてつま先を上へと移動させていきます。ここで両腕に体重がぐっとかかってきます。
  5. つま先を壁から離さず、胸を少し張った状態でバランスを保ってみましょう。
  6. 安定感を得られたら、つま先を壁から離してそのままキープ。
    これでポーズの完成です。

 

壁を使った方法に慣れてきたら、背後に何もないところで実践してみてもよいでしょう。

 

 

効果を高めるポイント

最初は腕のみで全身を支えようとして力んでしまいやすい「カラスのポーズ」ですが、以下の点に注意して行うことで、余分な緊張が抜けて体重移動スムーズになるでしょう。

 

  • 肘が外に逃げないように両脇をしめるようにする
  • 胸を少し張るようにして前方を見る
  • 慣れるまで決して無理をせず、壁を利用してコツをつかむ

 

集中力バランス力を磨くことで、多忙な日々の中にも心の平穏を得やすくなるのではないでしょうか。
マイペースでトレーニングしてみましょう。



動画引用元:ヨガレッスン | 壁を使ったカラスのポーズの練習 | Crow Pose | Yoga

ライター名:なかたり