三日月のポーズ 骨盤の歪み調整・肩こりやむくみ解消

生活習慣などによる身体の“歪み”。放っておくと、肩こりや腰痛などの原因となるおそれがあります。
そこで今回は「三日月のポーズ」で骨盤周辺の歪みを調整し、全身を気持ちよく伸ばしてリフレッシュしましょう。

 

「三日月のポーズ」で期待できる効果

脚を前後に大きく開き、上半身を気持ちよく伸ばす「三日月のポーズ」。
全身を大きく使うので、筋力アップや骨盤の歪み調整、ストレッチ効果も高いといわれています。
血行も高めてくれるため、肩こりやむくみの解消にも役立つでしょう。

 

いざ、チャレンジ!

  1. マットの上に四つ這いになります。脚は腰幅程度に開いてください。
  2. 右脚を両手の間に移動。このとき、膝の真下にかかとが来るようにします。
  3. 左脚はさらに後ろに引いていきます。
    つま先は寝かせて、足の裏が天井を向くようにしてみましょう。
  4. 右脚にしっかりと体重をかけたら両手の指をマットに立て、上体を少しずつ起こします。
    余裕がある方は、おへそが前を向くところまでしっかりと起こしましょう。
    ただし、腰への刺激が強くなるため、腰痛がある方は無理をせず、可能な範囲で行ってみてください。
  5. 息を吸いながら両手を体の前から頭上へと引き上げ、吐きながらさらに骨盤を床に下ろすように重心を落とします。
  6. ここで呼吸を数セット。一呼吸ごとに両手の指先を天井に向かってさらに伸ばし、重心は下へ下へと向けていきましょう。
  7. 戻るときは、ゆっくりと両手を床へと下ろし、上体を前傾させます。両手のひらがしっかりとマットについたら、前に出していた右脚を元の位置に戻し、再び四つ這いへ。
  8. 同じ要領で、反対側も行いましょう。

 

股関節や腰周辺に刺激が入るため、柔軟性の個人差が出やすくなります。
いきなりゴール(完成形)を目指すのではなく、無理のない範囲で少しずつポーズを深めてみてください。
自分の体にきちんと向き合うことができるようになると、ひとつひとつのポーズの効果もより高まるでしょう。

歪みを取り除き、全身の筋肉を目覚めさせて、快適な毎日を送りましょう!

下記にわかりやすく説明のある動画がありますので、ぜひご覧ください。

 



動画引用元:【健康美人になる為のヨガ☆】骨盤調整(三日月のポーズ)骨盤の歪み改善や肩こり解消、むくみ改善効果が期待できます。

ライター名 : なかたり