腹式呼吸 初心者も簡単!免疫力や代謝アップがかなう呼吸法

普段、無意識に繰り返している呼吸も、お腹を意識して行うことで、美容と健康に様々な恩恵をもたらす効果が期待できます。
そこで今回は、お腹周りの筋肉をゆるめてほぐす「腹式呼吸」をご紹介します!

 

腹式呼吸で期待できる効果

腹式呼吸は、主に腹直筋(腹部前面にある長い筋肉)と腹横筋(腹部をコルセットのように囲んでいる筋肉)を意識して、深くゆったりとしたペースで行います。
腹部筋肉をしっかりと刺激するため、ウエストまわりのシェイプアップ効果が期待できます。
また、新鮮な酸素を深く吸い込むことで、代謝アップやスムーズな入眠など、ヘルスケア効果も期待できるでしょう。

 

いざ、チャレンジ!

1. リラックスする座法を選びます。

2. 呼吸によるお腹の動きを把握しやすくするため、両手をお腹の左右に当てましょう。

3. 息を深く吐きだしていきましょう。このとき、お腹がシューっと細くしぼんでいくのを手で感じてみるとよいですね。

4. 吐ききったら、今度は吸ってみましょう。
手を押し返していくように、お腹を大きくふくらませていきます。
このとき、お腹の前部だけではなく、左右もふくらんでいくように意識してみましょう。

5. 3~4を自分のペースで数セット繰り返します。

 

効果を高めるポイント

お腹を左右に膨らませていくことは、慣れるまで難しいかもしれませんが、練習を重ねることで次第にスムーズに行えるようになります。
ポイントとして、

・ まずは、お腹の前部に酸素をたっぷりと吸い込む。
次に、前部に入り切らなかった酸素をお腹の横にも満たしていく、と前→横の順に膨らませていくイメージを持つ。

・ 最終的に、1分間に4呼吸のゆったりペースを目指す。

といったことを心がけて行うのがよいでしょう。

 

下記に参考になる動画がありますので、ぜひご覧ください。

 



動画引用元:免疫力アップ!_3分_ヨガ・呼吸

いつでもどこでも、思い立ったときに手軽に行うことができる腹式呼吸。
日常生活に取り入れて、ぜひ健康管理やビューティーアップにお役立てください!

 

ライター名 : なかたり