心身に癒しと活力をもたらす バレリーナヨガの呼吸法

朝のスッキリした目覚めや、夜の就寝時のリラックスは、健康な毎日を送る上でとても大切ですよね。
そこで今回は、自律神経の整える効果が期待できる「バレリーナヨガ」の呼吸法をご紹介します。
ぜひお試しを!

 

 

「バレリーナヨガの呼吸法」で期待できる効果

今回ご紹介する呼吸法は、副交感神経を優位にしてリラックスさせてくれる「腹式呼吸」と、交感神経を優位にして頭をスッキリ、活動しやすい状態に導いてくれる「胸式呼吸」です。
どちらも気軽に取り組めて、効果を実感しやすい呼吸法ですので、気分転換にもおすすめです。

 

 

いざ、チャレンジ!

【腹式呼吸法】

  1. 楽な姿勢で座り、おへその下に両手のひらを当てます。
  2. 鼻から大きく息を吸い、お腹を大きく膨らませて手のひらを押し返すようにします。
    十分に吸い込んだら、今度は口からゆっくりと吐きながら、手でお腹を押すようにしてへこませます。
    これを数セット繰り返してください。
    慣れてきたらお腹から手を放してもOKです。

【胸式呼吸法】

  1. 腹式呼吸と同様、楽な姿勢で座り、骨盤とお腹が地面から垂直に立つ位置に整え、肩甲骨も地面へと引き下げます。
  2. 両肘を張るようにして、手で左右の肋骨を触ります。このとき、肘を少し後ろに引くようにして、胸を広げてください。
  3. 息を吸いながら、当てた手を外に押していくようにして肋骨間を膨らませていきます。
    十分に肋骨間が広がったら、今度は吐きながら両手で肋骨を内側にしまっていくようなイメージでしぼませていきましょう。これを数セット。

 



動画引用元:朝の5分間瞑想*バレリーナヨガの呼吸法【腹式呼吸】と【胸式呼吸】

 

 

効果を高めるポイント

呼吸の深さや速度は、自分が安定して行えるペースを守りましょう。
また、腹式呼吸ではお腹を、胸式呼吸では肋骨間を、「できる限り大きく膨らませ、できる限り小さくしぼませる」ということが大切です。
最初はキツく感じても、その時その時の「自分にとっての最大限・最小限」を意識して行うことで、少しずつ楽にできるようになるでしょう。

呼吸は、心と体にくつろぎや活力を与えてくれます。
ぜひこれらの呼吸法をマスターして、快適な毎日を過ごしましょう。

 

ライター名 : なかたり