子供向け!プロが教えるバレーボールオーバーパス練習

まだバレーボールをはじめたばかりの初心者の方で、オーバーパスがうまくできないと悩んでいる方はいませんか?
今回はプロの選手が教える、子供向けのオーバーパス練習法についてご紹介していきます。

 

 

 

オーバーパス練習1

オーバーパスは、ボールの近くに体をもっていくことがとても大切です。
その感覚をつかむために、ヘディング練習をおこなっていきます。
相手にボールを投げてもらったら、ボールの下に入り、ヘディングで返します。
ボールがどこに落ちていくかを想定し、そこに向かって足を動かしていくことがポイントです。
ボールの真下へ入って、しっかり頭でボールを返していきましょう。

 

 

 

オーバーパス練習2

続いて、オーバーパスをきれいに遠くへ飛ばすために役立つ、体のバネをつかった練習をしていきます。

相手から投げてもらったボールを、ワンバウンドしてからおでこの前で両手でキャッチします。
ボールをとったらその場でしゃがんで、下からの力をつかって立ち上がり、ボールを投げてくれた相手へと返します。
このとき、前に出ている足のかかとをグッと踏み込んで、下から伝わってくる力をつかって返すようにしてみましょう。

ボールを相手に返したあと、両手をダラーっと下げてしまったり、手をクロスしてしまったりしないように注意してください。
しっかりと相手にボールが届くまで、責任をもってボールを送り込んであげることが大切です。

膝、肘、股関節、手首のバネをつかえると、ボールをきれいに飛ばすことができますよ。

ここまでの練習内容を、一度動画で確認してみましょう。



動画引用元:子ども向けバレーボール練習方法(指導 大山加奈さん 大山未希さん)

 

 

 

まとめ

元全日本女子バレーボール代表の大山加奈選手と、元ビーチバレー選手の大山未希選手の二人が教える、オーバーパスの練習についてご紹介しました。

バレーボールをはじめたばかりの子供向けの練習内容となっているので、初心者の方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。