着地の感覚を覚えフライングレシーブをマスターしよう

フライングレシーブのやり方をご存じですか?
自ら飛び込むプレーなので、怖くてできないという方も多いのではないでしょうか。
今回は、フライングレシーブのやり方3ステップ着地練習についてご紹介します。

 

 

 

フライングレシーブとは?

フライングレシーブとは、相手から来たボールに飛び込むようにレシーブする技術のこと。

 

フライングレシーブをするには、まずボールの落下点を見極める必要があります。
ベストレシーブポイントヒットしたら、着地してレシーブをしていきます。

 

 

このフライングレシーブを上達させるために、自分のレシーブポイントを探れる片手ハンドリングをしていきましょう。

 

 

 

フライングレシーブを制する

フライングレシーブは遠くのボールを拾うため、片手で拾うことが多くなります。
自分のレシーブポイントを探って、フライングレシーブのコツをつかんでいきましょう。

 

 

まずはまっすぐ立ち、手だけをリラックスした状態で、片手ハンドリングをおこないます。
ひじをしっかりと伸ばして、遠く突き出すような感覚をイメージしてみてください。
左右同様に、おこなっていきます。
目線ひじ手首水平にしながら、ひざを曲げて安定させることもポイントです。

 

 

また、バウンドさせたボールをハンドリングすると、ボールの落下点の見極めを鍛えることができます。
レシーブポイント+ひざのクッションをつかって実戦してみてください。
手の長さとボールとの距離感を繰り返し叩き込むイメージです。
手からは迎えに行かず、目線ひざで受け入れることがポイント。
左右平等に練習することで、両手のアンダーを安定させることができますよ。

 

 

 

着地をマスターしよう

いきなり跳ぶとアゴを打つなどのけがをしてしまうので、自分の体重手と胸の着地感覚を覚える練習をしていきます。

 

 

ひじを伸ばして、アゴを引いた状態でアーチになります。
余裕がある方は、そのまま上体反らしまでおこなってみてください。
腕で支えて、から腹経由でコートギリギリまでの動作を繰り返します。
さらに、手を寄せながら逆立ちをして腹筋を鍛えます。
この練習で、実際のフライングの動作に近い逆立ちの動きを習得できます。

 

 

次にホールなしでフライングをおこないます。
勢いはつけずに、を曲げた低い位置からでOKです。
18メートル往復の反復練習を、片手であげたイメージでやっていきます。
着地したあと、が赤くなる方は、おへそから着地しているので、コートにをくっつけるイメージでおこなってみてください。
低い位置遠くに飛ぶことで、片手フライングもできます。

 

 

続いて、5メートル以上先を目指してフライングをおこないます。
鋭角高速で飛ぶので、胸から腹へのシフトがスムーズになり、フライングをしやすくなります。
低空飛行着地させると、自然と足はあがるようになります。

 

 

最後に、ランダムバウンドしたボールを使って練習をおこないます。
フライングをしなくても良い、やさしいボールでOKです。
ひざより下の位置でボールをひろうように、意識してみてください。

 

ここまでの練習は、以下の動画でくわしく確認できます。
ケガに注意して練習してくださいね。



動画引用元:フライングレシーブやり方,3つのステップ 3STEP スロー 【男女混合バレーボール】SKILL#6-2EVA Men and Women Mixed Volleyball JAPAN TOKYO

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。