一人でできる! 自宅で基礎練習にチャレンジ

もっと上手になりたいけれど、練習をする機会がなかなかない……と思っている方はいませんか?
今回は、自宅でできるバレーボール練習方法ポイントについてご紹介します。

 

 

 

3種類の直上オーバー練習法

それではさっそく、自宅でできるバレーボールの練習法をみていきます。
はじめに紹介するのは「直上オーバー」についてです。
お家は体育館などのコートに比べると、天井が低いですよね。
この低い天井をうまく活用して、ボールをコントロールできるようになる練習をしていきましょう。

 

 

いまから実践する練習法は、3種類直上オーバーです。
ひとつめは、立っておこなう練習法、ふたつめが膝立ちの練習法、最後が座っておこなう練習法です。

 

 

体を安定させることを意識しながら、ボールをコントロールしていきましょう。
慣れるまで何度も繰り返して、直上オーバーを続けていきます。

 

 

 

3種類の直上アンダー練習法

続いておこなうのが「直上アンダー」の練習法です。
先ほど練習した直上オーバーと同じような形で、直上アンダーをおこなっていきます。
ここで実践するのもおなじく、立っておこなう練習法と膝立ちの練習法、座っておこなう練習法の3つです。
ボールのコントロール力が大切となってくるので、ある程度の時間をかけてボールのコントロール力を身に付けることを意識しておこなってみてください。
ボールをコントロールしながら、立って直上アンダー膝立ちで直上アンダー座って直上アンダーの順に練習をします。

 

 

今回の練習法は、こちらの動画で詳しく紹介しております。
5分30秒から7分10秒で今回の練習法について触れているので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

 

自宅で実践!1人でできるバレーボール練習法

自宅でできる練習法についてご紹介しました。
どれも簡単に実践できる練習ばかりなので、バレーボール技術をもっと向上させたい!という方はぜひ試してみてくださいね。

 

自宅にいるけれど、なにもすることがない、スキマ時間などをうまく活用して、スキルアップを目指しましょう!



動画引用元:【家で出来る】1人バレーボール練習法(全5種類+α)

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。