テニスの基本サーブ 失敗しないための3つのポイント

今回は、テニスのサーブの基本の形3つのポイントをおさえて学んでいきましょう。
この3つのポイントさえ守れば、あなたもしっかりとしたサーブを打つことができるはず!

 

やり方

  1. トス
    トスを上げるときには、トスを上げる場所めがけてしっかりと左手を伸ばしましょう。
    伸ばしきることを途中でやめてしまうと、トスが自分の狙っていない場所に飛んでいってしまうので、注意してくださいね。
  2. トスアップ
    トスアップで重要なのは、体重移動です。
    まず、構えたときは前足に体重が乗っている状態です。
    この状態から、後ろに体重移動させて再び前に体重移動させるという流れになります。
    はじめに前足に体重が乗っているときに、一度グッと後ろに体重を移動させて、ラケットを身体に引きつけてみましょう。
    ここから、前に体重移動させながらトスアップを行ってみましょう。
    このとき、後ろに体重移動した状態でトスアップを行う人が多いため、注意してください。
    前足に体重が乗っている方が身体の軸がぶれることなくしっかりとし、力強いサーブを打つことができるようになります。
  3. トロフィーポーズ
    サーブ時には、上半身をひねらなくてはなりません
    右の骨盤を少し右方向にひねるような形を作れば、あまり力がない人でも力強いサーブを打つことができます。
    トスアップして前足に体重を乗せたとき、上半身をグッと右方向に寄せるような感覚で構えましょう。
    きれいなトロフィーポーズを形作ることで、身体の回転を使いながら球を打つことができるようになります。
    また、サーブにスピードを出すことも可能になりますよ。

 

 

まとめ

筋肉がない人や力があまりない人でも、身体の使い方をしっかり覚えることで、力強いショットを打つことができます。
身体のひねりなど、しっかりと身体に覚えさせることが大切です。

  1. トスを上げる場所をめがけて、左手をしっかり伸ばすこと
  2.  前→後ろ→前への体重移動を正しいタイミングで行うこと
  3. トロフィーポーズで身体をひねり、しっかり力を溜めて打つこと

これらのポイントを踏まえて、以下の動画を参考に、サーブ練習を行ってみてくださいね。

 

動画引用元:サーブ 3ポイントレッスン【テニス】

 

ライター名 堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。