テニス しっかり返す リターンのポイント4つ一挙解説

テニスの基本ショットの1つ「リターン」は、勝敗を大きく左右する重要なショットです。
今回は、リターンのコツやポイントをご紹介します。
初心者の方はもちろん、経験者の方も改めてリターンについて学んでみましょう。

 

それぞれの動き

1.構え~ファーストモーション:

リターンは足が止まっている状態からのスタートなので、サーバーとリズムやタイミングを合わせて動き出さなければいけません。
サーバーがトスアップを始めた段階で、一歩中へ入りインパクト直前にスプリットステップをします。

2.テイクバック:

素早く腰からターンします。
コンタクトポイントの近くにラケットを置き、構えたら左手・ラケット・ボディターンの3つがYユニットで終わるイメージで動かしてください。
バックハンドも同様です。

3.フォワードスイング:

手首の形をキープしたまま、テイクバックからフォワードスイング、インパクトまで行いましょう。
インパクトと同時に踏み込みます

4.フォロースルー~フィニッシュ:

インパクト後にプロネーションを行うと、ボールにしっかり回転がかかり、相手コートに収まりやすいです。

 

動きに対するポイント

1.構え~ファーストモーション:

スプリットステップ後のスタンスは、肩幅よりも少し広めに
スタンスが広くなると腰の位置が低くなり、しっかりラケットが下から入るようになります。
重心が前に倒れないように注意しましょう。

2.テイクバック:

腕を引くのとボディーターンの動きがバラバラにならないように気を付けましょう
テイクバックというよりも、ラケットセットというイメージを持つとわかりやすいですよ。

3.フォワードスイング:

通常のストロークでは踏み込んでからインパクトを迎えますが、リターンで大事なのは「反応」です。

4.フォロースルー~フィニッシュ:

インパクトまでは手首を固定しますが、フィニッシュ後、前腕はラケットを走らせてプロネーションを意識しましょう。

 

これらのポイントをしっかり押さえて繰り返し練習し、リターンのコツを掴みましょう!

下記に参考動画がありますので、あわせてご覧ください。



動画引用元:【“見て”上達するテニス】サービスリターンのコツ!!(伊東コーチ)

 

ライター名:堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。