錦織圭選手流 フォアハンドのテイクバックの3つのポイント

フォアハンドは、攻撃の要ともいえる非常に重要な武器となります。
ですが、その分難易度が高く、安定させるのが難しい奥の深い技術でもあります。
今回は、そんなフォアハンドのテイクバックを、錦織圭選手のプレーを見て確認していきましょう。

 

フォアハンドテイクバックの基本

ラケットを引くとき、右利きの場合、右手だけでラケットを引くのはNGです。
必ず、左手主導でテイクバックするように気を付けましょう。
ラケットは、実は結構重く、右手だけで引いてしまうと右腕が力んでしまって、どんどん不安定になっていきます。
試合後半まで腕に疲労がたまらないように、左手を使ってテイクバックすることが重要となります。

錦織圭選手のフォアハンドテイクバックは、左手でラケットのスロートを持ちつつ、身体の右側に持っていきます。
この動きによって、右腕に余計な負担がかかることなく、なおかつ身体を自然にひねることができるようになります。

また、鉄則として、「フォアハンドのテイクバックはコンパクトに」。
大きなテイクバックをするほど、腕の力が必要となります。
力が足りず安定感を失ってしまう、といったことがないように、テイクバックはいかにコンパクトに行うかが重要となります。

最後に、ラケットは寝かせず立てるのがおすすめです。
ラケットを立てることで、ラケットの重心が真上に来てラケットが軽くなったと感じるようになるはずですよ。

 

フォアハンドテイクバックのポイント

錦織圭選手フォアハンドのテイクバックのポイントは、身体のターンです。
手でラケットを引くのではなく、身体をターンさせることでテイクバックを行います。

ふたつめのポイントは、右手の位置はテイクバックした後でも、肩のラインより後ろへは行かないこと

最後のポイントは、身体の軸はまっすぐに保つことです。
皆さんも錦織圭選手の技術を参考にして、テイクバックの練習を行ってみてくださいね。

こちらの動画にて、錦織圭選手の技術の解説が行われていますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

 

動画引用元:錦織圭フォアハンド技術解説【テイクバック編】

 

ライター名 堀内み

参考URL
フォアハンドはテイクバックが超重要

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。