フォアハンドスピン 初心者でもOK!打ち方とコツ

フォアハンドは、「思いきり打ちたくてもアウトしてしまう」「ネットしてしまう」と悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

今回は、フォアハンドスピンについて学んでいきましょう!
フォアハンドに悩んでいる人は必見です。

 

フォアハンドスピンとは

まず、フォアハンドとは、ラケットを持った手の向きに合わせて、体全体を使ってラケットを振るショットのことです。

力任せにラケットを振っている人よりも、力をあまり入れてないように見えるのにパワーがありボール速度が速い人を見たことはあるでしょうか。
力任せにラケットを振る人は、インパクト時に手の力だけでボールを打ってしまい、体全体のパワーをボールに乗せられていません。
一方で、力をあまり入れてなさそうな人は、軽やかな動きでもしっかりパワーをボールに乗せることができているのです。

このように、フォアハンドスピンに関しても、上半身から下半身、下半身から上半身へと正しく体を動かす(ムーブメント)ことで、「ボールにパワーを伝える」ことが非常に重要となります。

 

フォアハンドスピンの打ち方

外側から、フックするように打ちます。
スピンをかけようとしてしまうと、ボールが横にずれる可能性が高くなります
ボールは外からまいてあげましょう。
クロスフォートも、かけようと意識すると、なかなかクロスには行きません。

プロテニスプレーヤーの松井プロは、ストレートがサイドアウトしてきれるパターンが多いといいます。
もともと少しフラット気味なので、その状態でスピンをかけようとするとまともに当ててしまうのだとか。

調子が良いときにはぴったりハマればきれいにいくけれど、オフバランスであったり、緊張したりしたときなどは、サイドにずれてしまうこともあるようです。
そうしたサイドミスを防ぐためにも、しっかりスピンに縦回転がかけましょう
ボールがまっすぐに前に飛びますよ。

 

フォアハンドスピンのポイント

スピンをかけて打つことが基本」というわけではありませんし、実際プロテニスプレーヤーはスピンをかけようと意識して打つことはないのだとか。

しかし、アマチュアプレーヤーを見ていると、「スピンをかけたい」と意識して、こねたりブラッシングをしたりしてしまう人が多いようです。

スピンのかかったボールが来たときには、ボールの少し外側をかける・こするように打つと、コートに収まりやすくなりますよ

例えば、ダウンザラインであったら、サイドに切れないとか、クロスだったらよりクロスに行きやすいだとか、とにかくスピンをかけようと意識すると、ストレートに打つときも少し右にずれたり、クロスに行かなかったり、威力的にもまともに当たりすぎてアウトになってしまったり……
さまざまな事態に陥ってしまいます。

「ボールの少し外側」を意識すると、コートに収まる確率が高まります!

テニスは非常に複雑な動きを繰り返すスポーツです。
体全体でボールにしっかりパワーを伝えて、スピンを意識しすぎず、まずは基本の動きを理解しながら、確実に次のステップへと進んでいきましょう。

下記にわかりやすく解説がある動画がありますので、ぜひご覧ください。

 



動画引用元:【松井俊英プロ】フォアハンドスピンの打ち方【テニスレッスン】

 

参考URL
「フォアハンド」とは?意味と使い方を例文付きでわかりやすく解説―世の中のギモンを解決するメディア『スッキリ』
【フォアハンドトップスピン解説編】効率良いフォームを手に入れる!|スマートテニスセンサースペシャルドリルースマートテニスセンサー(SONY)

 

ライター名 堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。