ポイントは「足を止めない」 良いショットに繋げるフットワーク

フットワークメンタル戦術・戦略など、すべてにおいてメソッド・フォーマットがあります。
そのなかでも、今回はフットワークについてご紹介していきます。
ぜひ、参考にしてみてくださいね。

 

 

フットワークの基本は「動」から「動」

肩のライン背骨骨盤のいわゆる体幹部分を主導にして、ラケットを動かしましょう。
「動」から「動」
つまり、動いている状態から動きだすようにしましょう。
これを押さえることで、「静」から「動」よりも抜群素早く動くことができるようになり、リズムも非常によくなります。
また、ボールの場所にもより的確に、素早く行くことができますよ。

ポイントは、打った後に足を止めないこと。
良いスイングをすることも大事ですが、良い場所に行って打つ。
この二つが合わさって初めて良いショットが生まれます。
ラリー中に焦ってしまうという方は、止まった状態から動き出すという動きを自然としているがために、焦ってしまうのではないでしょうか?

 

「動」から「動」の動きを習得するためには

では、どのようにして「動」から「動」の動きを行えばよいのでしょうか?

 

まず自分が打って相手が打つまでの時間がありますよね。
その間、足を止めないことです。
相手が打ってからがフットワーク」ではなく、「相手が打つまでがフットワーク」なのです。
大抵の人は、相手が打ってから動き出します。
しかし、それでは遅いのです。
自分が動いている状態からボールを追う必要があります。

 

プロテニスプレイヤーを見ればわかりますが、自分が打った後に止まっているプレイヤーは一人もいないと言ってよいでしょう。

 

足の動かし方は、基本的にはどんなものでも構いません。
個性」であるため、人それぞれの動き方をします。
まずは、自分が動きやすい足の動きを重視しましょう。

 

まとめ

フットワークがうまくいっていない方、練習中は平気なのに試合になると焦ってしまう方は、足を

 

  • いつ動かすか
  • どのように動かすか
  • 何のために動かすか

 

を意識してみると良いでしょう。

 

以下の動画でより詳しい解説がされています。
参考にしてみてくださいね。



動画引用元:【フットワークが悪い・・・】 このポイントだけ押さえたら大丈夫!!  ~動画でテニスレッスン~

ライター名:堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。