テニス 両手バッグハンドを強化する ポイント・練習方法

テニスをするうえで、重要なショットのひとつであるバックハンド。
このバックハンドを苦手とする方は多いのではないでしょうか。

今回ご紹介する練習方法で、苦手意識を克服し、バックハンドを必殺技にしてみませんか?

 

練習方法

ラケットは、右利きの場合は右手がコンチネンタルグリップ、左手はフォアハンドを打つようなグリップで握りましょう。
バックハンドのとき、左手はフォアハンドを打つような感覚です。
左手に7、右手に3くらいの力の比率で握りましょう。

時々、左手でフォアハンドを練習してバックハンドの感覚を養っておくとよいでしょう。

打つときはラケットヘッドを立てたまま構え、左手でボールを長く捕らえるような感覚で押し込み、フォロースルーはしっかり肩まで行うようにしましょう。
ストレートアームでは、肩より上の打点が窮屈になりやすく力が伝わりにくくなってしまいます。
ラケットヘッドを立てることで構える位置が高くなり、そのまま高いボールを打つことができますよ。
高い打点でのバックハンドは、体ごと覆いかぶさるようなイメージで、打つ前から高く構え力強く打ちます。

実際に打ってみると、バックハンドはフォアハンドよりもシンプルです。
低いボールが来たら、しっかり膝を落としてから打ちましょう。
一打ずつ丁寧に打つ意識を持つことが大切です。

 

バッグハンドを練習するメリット

バックハンドを狙う選手は多いため、バックハンドを武器にできると試合を有利に進めていくことができますよ。
また、高い打点から打ち込むことができると、攻めのパターンを増やすことができます。

実際に、バックハンドを強化したことで以前より攻撃力が格段にアップし、強くなったプロ選手もいます。それくらい、バッグハンドはテニスにとって欠かせない重要なショットなのです。

 

今回ご紹介した練習方法の詳しい内容は、こちらの動画を参考にしてみてくださいね。



動画引用元:【苦手から必殺技に!】バックハンド!!キーポイントは左手!?

 

 

ライター名:堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。