安定性・攻撃性バツグン 両手バックハンド 正しい素振り方法

多くのテニスプレイヤーが苦手意識を持つバックハンド
逆に言えば、バックハンドが上達すればテニスのも広がるということです。
今回は、ダブルバッグハンド正しい素振り方法をご紹介します。
ここでバックハンドについて学び、苦手意識を克服しませんか。

 

ダブルバッグハンドの素振り方法

テイクバックしたときにはラケットヘッドが立っている状態で、そこから打ちに行く前にラケットダウンします。
このとき、インパクトする方の面がバックフェンス側に向いていると良いです。
つまり、が入って裏側になり、そこから打つというイメージですね。
バックフェンス側に面を向けるためには、ラケットダウンしてからを向けるとやりやすいですよ。
ラケットダウンしておくと、打ちに行くときにラケットヘッドが上がってくるため、そこでしっかりトップスピンがかかります。

練習をするときは、一回一回を向けて確認しながら行いましょう。
肩甲骨が入っていないと、面は裏を向きません
バッグハンドを打つときは、右肩がグッと入ってから、左肩がポンと出てくるといった入れ替えが起こります。

これを、前足重心を置いて行ってみましょう。
テイクバックしたら前足に重心を乗せて、そこで一度まっすぐ止まります。
このとき、回らないように注意しましょう。
腰を回さないようにすることで、インパクトがぼやけなくなりますよ。
そして、パーンと打ち抜いてからを回します。
肩甲骨の入れ替えだけでラケット振るイメージです。

 

以下の動画で、実際の動作を確認してみましょう。



動画引用元:【テニスの素振りの注意点】正しいバックハンドの振り方

 

 

この素振りによる効果

ダブルバックハンドは、安定性高く力も入れやすいため、攻撃性を持つ武器にもなりえます。
さらには、片手でのバックハンドよりも習得しやすく、多くのプレイヤーがダブルバックハンドを行っています。
ただし、ダブルバックハンドの動作は普段しない動作ということもあり、フォアハンドよりも苦手とするプレイヤーが多いのも事実です。

苦手なバックハンドを素振りで何度も練習して、ワンランク上のプレイを目指しませんか。

 

【参考URL】
テニスのバックハンドを上達させよう!両手打ち編
テニス 両手バックハンドが安定して強打できる打ち方【動画有】

ライター名 堀内み

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。