台上で短く止まる横回転サーブの出し方

卓球経験者ならだれもが悩んだことのあるサーブ
とくに、回転系のサーブはむずかしいものが多いですよね。
そこで今回は、2バウンドくらいの短い横回転サーブを出すコツについてくわしくご紹介します。

 

 

 

横回転サーブを出すコツは?

横回転サーブを出すときに、ラケットを前の台にむかって出しながら回転をかけている方は多いのではないでしょうか?
一般的な横回転サーブは、そのように行う方が多くいます。
では、卓球のトップ選手はどんな横回転サーブを出しているのでしょうか?
トップの方たちは横回転サーブを出すとき、左にむかってサーブを出すという特徴があります。
実際に左に向かってスイングをすると勢いがおさえられ、台の上でバウンドをする短いサーブを出すことができるのです。

 

 

 

左から横回転サーブを出す方法

前にむかってフルスイングをすると、台からオーバーするサーブとなってしまうので、右から左にむかって回転をかけるサーブを出すことを意識してみましょう。
こうすることで回転力がさらに高まり、台上でバウンドする短いサーブを出すことができます。

また、フルスイングをしながらも短いサービスを出すことができるので、対戦相手に「ロングサーブがくるのか?」と思わせながらショートサーブを出すというフェイントにもつながります。
このフェイントで相手のミスを誘い、自分の得点へとつなぐこともできるでしょう。

よくある一般的な横回転サーブは、前にスイングしており台から出やすく、回転を強くかけづらいという点があります。
それに比べて、今回ご紹介した左にむかって横回転を切るように出せば、よく止まるサーブを打つことができますよ。

 

 

 

覚えておきたい注意点

左にむかって横回転を切るとご紹介しましたが、姿勢を安定させずに体を動かしてしまうと「ジャイロ」という別の回転になってしまったり、フォームが安定しなくなってしまったりしてしまうため、よくありません。
姿勢は変えずに、お腹を引っ込めながらフォームはそのままで、右から左へとスイングをしていきましょう。
前に出る力が減る分、全力のサーブが可能となります。

横回転の切れ方に悩んでいる方は、ご紹介した内容を参考に、ぜひ練習してみてくださいね。

今回ご紹介した内容はこちらの動画で確認できます。



動画引用元:ブチギレで短く止まる横回転サーブの出し方【卓球知恵袋】

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。