最強女子高生・伊藤美誠選手の「みまパンチ」とは?

卓球界で、世界最強の女子高生として注目を集めている、伊藤美誠選手
今回は、彼女が繰り出す「みまパンチ」と、それを身につけるために実践した極秘トレーニング法についてご紹介します。

 

みまパンチとは?

伊藤美誠選手といえば、史上最年少の17歳で女子シングルス、女子ダブルス、混合ダブルスの3冠を達成した「世界最強の女子高生」として有名ですね。
そんな伊藤美誠選手は、日本チームでは唯一の右シェーク異質速攻型でバック面に表ソフトラバーを使用しているという特徴を持ちます。
彼女が試合中に繰り出す独特なスマッシュが「みまパンチ」と名付けられ、メディアでも多く取り上げられているのです。

 

みまパンチとは、フォアハンドでのスマッシュでカウンター気味に放たれます。
「より早いタイミング」で打ち返すことに特化して編み出されたもので、小柄な彼女のハンデを克服し、強みとなる攻撃法のひとつです。また、彼女の使用している表ソフトラバーの「スピード重視」という強みををうまく使いこなしていることがわかります。

 

 

卓球を上達させるためにはボクシングが効果的?

伊藤美誠選手は、卓球をより上達させるために「ボクシング」を練習に取り入れています。
卓球は技術ももちろんですが、「腰をひねること」が大切なポイント。

ボクシングの練習では、卓球に必要とされている腰のひねりを自然と取り入れることができるため、ボクシングの練習をすることが効果的なのだそう。
また、ボクシングは卓球と同じ筋肉を鍛えることができるといわれており、伊藤美誠選手は腹筋、腹斜筋を意識して練習することで、体幹のぶれがなくなったと感じているようです。
ボクシングと卓球というと、一見共通点を感じにくいかもしませんが、ボクシングの練習が卓球にも効果があるとはとても興味深いですね!

違う競技でも共通しているところがあるので、うまく練習に取り入れることで、本来の自分の競技をさらに強化させることができるかもしれません。

 

卓球をしていて、体幹のぶれに悩まされている方は、伊藤美誠選手のように「ボクシングの練習」を取り入れてみてはいかがでしょうか?
また、表ソフトラバーを使用している方は、「みまパンチ」ができるように練習してみるのも良いですね。



動画引用元:伊藤美誠 ”みまパンチ”に秘められた極秘トレーニング

ライター名:チョコ