【簡単】巻き込みサーブ横上回転練習法

卓球の勝敗を左右するひとつに「サーブ」が大きく関わっていることをご存じですか?
ツッツキやバック、スマッシュももちろん大切ですが、卓球をはじめる上で基本でもある「サーブ」をマスターしていきましょう。

 

 

巻き込みサーブとは

巻き込みサーブとは、体の横あたりから巻き込んで出すサーブのことです。
この巻き込みサーブのメリットは、巻き込んでいる状態からサーブを出すため、対戦相手からするとどんな回転がくるのかわからないというところにあります。
そのため、対戦相手はボールをただ返すだけ、またはレシーブミスをしてしまう確率が高くなるのです。

 

実際に、オリンピックなどでも数多くのトップ選手が巻き込みサーブを使用していました。
現在では、巻き込みサーブは卓球をする上で必要不可欠といえるのかもしれませんね。
試合の勝利につなげるためにも、この巻き込みサーブをマスターして、相手より一歩有利にたって試合に挑みましょう。

 

 

横上回転の巻き込みサーブの練習方法

今回は、巻き込みサーブの中でも横上回転をだす方法についてご紹介していきます。
巻き込みサーブの実践をはじめるまえに、巻き込みサーブの横上回転を上手にだすための練習からはじめましょう。
まず、大きめのフォームでゆっくりと、ラケットを下から上に振るイメージでボールを擦ります。
この練習をひたすら繰り返し、感覚がつかめて慣れてきたら、振りを小さく素早くします。
また、インパクトの瞬間にボールを擦ることを意識しながら練習をしていきましょう。

 

そして巻き込みサーブを出した瞬間に、フォアの面を内側に入れるようにして、フェイントをかけます。

 

実際に動画でフォームを確認してみましょう。

 

イメージをつかめたでしょうか?
巻き込みサーブを出すときに、相手のコートの中で2バウンドするようなショートサーブが出せるとより効果的です。

フォームなどをマスターしたら、ショートサーブを出せるように練習してみてくださいね!



動画引用元:【卓球動画】巻き込みサーブ~横上回転の基本~【卓球スクール・タクティブ

ライター名:チョコ