フォアクリックを覚えて相手より先手を取るには?

相手からくるショートサーブに対して、ただ返すだけになっていませんか?
今回紹介するのは『フリック』です。
フリックを使えるようになると、ツッツキ以外の返し方もできるようになり、相手からの3球攻撃を防ぐことができるでしょう。

 

フォアフリックの3つのポイント

「フリック」とは、別名「はらい」と呼ばれています。ここでは、正しいフォアフリックのやり方についてみていきます。

フォアフリックには次のような3つのポイントがあります。

①肘とつま先の位置を同じにすること
②角度をたてて乗っけ打ちをすること
③手首と前腕を中心にコンパクトなスイングをすること

それぞれのポイントについて良い例と悪い例を見ながら、比べていきましょう。

 



動画引用元:【卓球動画】3つのポイントで基本フォアフリックをマスター【卓球スクール・タクティブ】

 

1つめのポイントは、「肘とつま先の位置を同じにすること」です。
動画では、ボールが自分のコートに戻ってきたら肘と同時に足も出して、ボールに近づけながらフリックをしていることがわかると思います。
肘だけを出して返すのではなく、肘と足を同時に出すことを意識してください。

 

2つめのポイントは、「角度をたてて乗っけ打ちをすること」です。
動画を見ると、悪い例に比べて良い例では、ボールをただこするのではなく乗っけ打ちをしていることがわかりますね。
こすりながら乗っけ打ちをしていきましょう。

 

3つめのポイントは、「手首と前腕を中心にコンパクトなスイングをすること」です。
動画では、フォロースルーは小さく、コンパクトなスイングをしていることがわかります。
それに比べて悪い例では、大きくスイングしてしまっています。

 

フォアフリックをするときは、コンパクトなスイングと、手首と前腕を中心にすることを忘れずに頭に入れておいてください。

 

フォアフリックの3つのポイントについてご紹介しました。フリックをマスターすることで、回転のボールにも柔軟に対応することができ、台上で相手より先手をとることができます。
相手より先手をとることで、試合のペースを自分のものにもっていくこともできるでしょう。
フォアフリックを練習して、実際に活用していきましょう!

 

ライター名:チョコ