フォアカウンターで気を付けたい3つの悪いポイント

卓球が上達してくると、いくつかの新しい技術を習得していきますよね。
今回はその中でも『フォアカウンター』の気を付けるべきポイントや、得点パターンについてご紹介します。

 

フォアカウンターの3つの悪いポイント

まず、フォアカウンターをする際の悪いポイントから見ていきましょう。

ひとつめのポイントとなるのが、打点が早くなりすぎてしまうことです。
続いてふたつめのポイントは、ボールを引き付けすぎてしまっていること。
最後に紹介するポイントは、手首を内側に巻き込んでしまっているケースです。

では、それぞれどんな点が悪いのかを詳しく見ていきます。

 

悪くなっているポイント

ひとつめの、「打点が早くなりすぎる点」から見ていきましょう。

下記に紹介している動画をみると、手が伸びすぎていることがわかりますね。
打点が早くなりすぎると、自然とラケットの面が寝てしまうため、早くなりすぎないように意識していきましょう。

 

続いてふたつめのポイント、「ボールを引き付けすぎてしまっていること」
ボールがくるのを待っているので、体の横に入ってきてしまい、前にラケットを振ることができなくなっているのがわかります。

 

最後に紹介するポイントは、「手首を内側に巻き込んでしまっているケース」です。
内側に巻き込むことで、ボールの後ろに入ることができず、ボールに力が伝わりにくくなっています。

 

フォアカウンターをするときには、ボールの後ろに入り、体の少し前のところで真っすぐとラケットを振れることが大切なポイントです。

正しい打点で打っているときと、悪い打点で打っているときの動画を比べると、フォームに大きな違いがあるのがわかります。
これらの点を意識すると、きれいなフォアカウンターを打つことができるので、必ず足を動かし、顔の前まで振りぬくようにしましょう。

 

 

おまけ~フォアカウンターの得点パターン~

最後に、カウンターでの得点パターンについても少し紹介します。
回り込まれてストレートに打たれた場合をイメージしてください。
そこでフォアクロスにカウンターをすることで、相手から得点をとりやすくなります。

ぜひ実践してみてくださいね。

 



動画引用元:【卓球動画】ほぼ三分で覚える!フォアカウンター【卓球スクール・タクティブ】

ライター名:チョコ