素早く動いて強く打つ!3点フットワークを強化しよう

卓球において基本中の基本、フットワーク。正しく素早いフットワークはプレーの幅を広げることが出来ます。
ただやみくもに動くのではなく、ポイントを確認してみましょう。今回は、3点フットワークの練習方法をご紹介します。

 

3点フットワークの行い方

フォア・ミドル・回り込み(バック)、とにかく体を動かす3点フットワーク。
フォア→ミドル→バック、そしてまたフォア→ミドル→バック、というようにボールを出してもらい、全てフォアで打つフットワークを鍛える練習です。反復横飛びのように、台の端から端まで動きます。
始めはゆっくりと打ち、だんだんスピードを上げていきます。

 

 

3点フットワークのポイント

フォアは、打つ前に左肩が前に入るようにします。
バックスイングは大きくなりすぎないようにしましょう。
そしてバックへの回り込みのときには、素早く動いて体勢が崩れないように注意します。
バックの次のフォアでは、大きな動きが必要になるので、打球後の戻りを素早く出来るように心がけましょう。
台の端から端まで動き、体力を使う3点フットワーク。
ただ動くだけでは上達しません。強烈なフォアドライブを打つ為には、打球点に素早く入る事が大切です。

 

 

強化のポイント

出来るだけ動くピッチを速くして、球がバウンドした直後に打ちライジングを捉えるようにしましょう。
そして、なるべく力強く打つことも大切です。
素早く効率の良いフットワークが出来るようになれば、「飛びついたり手を出したりしてしまう」のではなく、素早く打点に入り、力強いフォア打ちが出来るようになります。
最後の最後まで気持ちを切らさずに打ち込むという、気持ちの面も大切になってきます。

 

 

まとめ

3点フットワークは、速さの面でも、最後まで続けるという気持ちの面でも重要ですね。
速く動こうとすると、スイングなどの技術も崩れがちです。
始めはゆっくりからスタートし、徐々にマスターしていきましょう!

動画引用元:【卓球】最強中国のフットワーク練習がキツ過ぎる‼︎【ザイミンコーチ】



ライター名:anzu

【参考サイト】
(2-①)3点フットワーク

卓球ではフットワークが何より大切