バックハンドのブロック!ポイントは“動かさない”

バックハンド側に来たドライブ、ブロックするのに戸惑ってしまった経験はありませんか?
ブロックのポイントはとくに、“打球面やフォームを大きく動かさない”ことにあります。
今まで思うように出来ていなかった方は必見。
ブロックのコツをご紹介します。

 

 

バックハンドでブロックするときの基本

バック側に来たドライブに対して、バックハンドでブロックするときの基本の形を頭に入れましょう。

まず構え方ですが、ひじを体から離してラケットは胸の前あたりで高く構えます。

ポイントは、高く構えるということ。

フォームは、後ろから前へ小さくスイングします。
大きく動かさないということもポイントです。

 

 

バックハンドでブロックするときのポイント

  1. ラケットを高く構える
    下からラケットを出すと時間をロスしてしまい、抑えるのにもテクニックが必要です。
    あらかじめ出来るだけ高い位置にラケットを構えて、ブロックするということがポイントです。
  2. スイングは小さくしてドライブの力を吸収する
    フォームは後ろから前に小さくスイングすることがポイントです。
    ここでは、ボールの力を吸収するイメージで打ちます。
    ブロックをしたとき、相手のボールの威力に負けてオーバーミスをしてしまうのはよくあることです。
    ボールの力を吸収する感覚でいると、威力のあるボールと衝突せずうまくラインにコントロール出来るのです。
  3. 打球面は変えない
    ラケットは、面を少し被せるような形です。
    これも相手のボールの威力に押されないためのポイントです。
    そして、打球する際は基本的にあまり腕を大きく動かさないようにします。
    準備で適度に被せた打球面は、打ち終わりまで変えないよう心がけましょう。
    面を変えないで打つとそのまま狙った方向に球が飛んでいくので、出来るだけ面を変えずにブロックが出来るようマスターしましょう。

 

 

まとめ

安定したブロックが出来ると、試合でも一歩リードし安定した試合運びが出来ます。
ブロックの練習は一見地味な練習に見えるかもしれませんが、安定したブロックは自信にも繋がりますので、ぜひトレーニングしてみてください。

 

 



動画引用元:究める!シリーズ③ ブロック|笠原弘光(協和発酵キリン)

 

ライター名:anzu

 

【参考サイト】
【卓球】ブロックを確実に止めるコツ!守備力の高いブロックのやり方