チューブ+腕立て伏せ=魅惑の大胸筋!夏はすぐそこ!

引き締まったウエストもさることながら、しっかり膨らんだも魅力的。
男女ともに気になるところですね。
でもジムに行かないと熱い胸板なんて作れないと思っていませんか?
でもガッツリできるトレーニング方法がありますよ!!

 

 

大胸筋・チューブ腕立て伏せで期待できる効果

フィットネスチューブを使用し、胸全体に効かせるトレーニングです。
魅惑の胸板を作りましょう!

 

 

 

やり方

チューブを背中に回します。
位置は肩甲骨の間くらいに当て、チューブを持った手を前に回し、みぞおち辺りに持って来て、狭く持ちます。
背中から回したチューブが、横から見ると水平になっていることがポイント。
これが最初のフォームです。

 

 

背中に当てたチューブの位置がずれないように体を床に向けて腕立て伏せの姿勢をとります。
手のチューブはしっかり掴んでおきましょう。
その姿勢で腕立て伏せを行います。
体を上げた時に、チューブの負荷がかかります。

 

もっと負荷をかけたい場合は、チューブを二つ折りにして同様に行うことで、さらに負荷をかけることができます。

 

 

 

ポイント

  • チューブを正しい位置にセットし、手を前で合わせた時に狭く持つこと。
  • 自分の力に合わせてチューブの持つ位置を調整し、強度を図ること。
  • 身体を上げた時に一番負荷がかかるので、きちんと上げきること。
  • に効いていることを感じながら行うことが一番大切です。
    腹筋も意識しましょう。

 

まずは12回~15回を1セットとし、3セットを目標にしましょう。
1セット終えたら、インターバルを取り、30秒以内に次のセットを行うこと。
慣れたらセット数を増やしていきましょう!
正しいフォームで行うことで、フィットネスマシーンチェストプレスくらいの効果を感じることができます。

 

フィットネスチューブを持っていなくて、これから買う場合は、ハードタイプがおススメ。
チューブ型よりも平たいタイプがベストです。

 

さあ、今日から挑戦してみましょう!
夏のビーチを思い浮かべてモチベーションもアップ!!



動画引用元:フィットネスチューブを使って通常の3倍の負荷を掛けて胸トレ!【筋トレ】