腕の強化 投げる動作を強化するためには必須 上腕三頭筋を鍛える

腕を強化する、となると上腕二頭筋(力こぶ)が重点的に鍛えがちですが、上腕三頭筋は腕の筋肉の中では最も大きい部位になるので、腕を総合的に強くするためには確実に強化しなければいけない部位となります。

上腕三頭筋は主に、肘関節を動かすために必要となる筋肉になりますので、ボールを投げたり、やりや砲丸を投げたりする競技をやっている選手であれば積極的に鍛えた方が良いでしょう。また、相手を押したりする時にも活躍する筋肉ですので、フィジカルコンタクトの多いスポーツをやっている選手もオススメです。

今回は器具を使わずに自重で上腕三頭筋を鍛えるトレーニング方法を紹介します。

トレーニング方法は、

 

・膝の角度を90度にして体育座りをする
・上半身を後ろに対して、肘を付いた状態で寝そべる
・顎は上げておく
(以上がスタートポジション)

・腕(上腕三頭筋)の力を使って起き上がり
・お尻も上げて、状態を起こす
・ゆっくりお尻を下げて、腕を元のポジションに
・これを繰り返す

 

という方法になります。
実際にやってみると分かりますが、自重ですがかなり上腕三頭筋に効くのが分かります。

特に腕を上げる時、そして下げる時も、急いでバタバタやるのではなく、ゆっくりやる事がコツです。ゆっくりやるとかなり負荷がかかりきついですが、効果も上がります。そして、肘を床に付けるので、周りにうるさくもないので、迷惑にもなりません。とにかくゆっくりやってみてください。

では動画を見ていただき、上腕三頭筋を鍛えてください。

 

 

 

 

 

 

動画引用元:上腕三頭筋をガチガチに鍛える方法!