正しく腕立て伏せできてる?大胸筋に効果的に効かせるやり方を解説!

腕立て伏せは誰もが簡単にできるトレーニングです。しかし、あなたは本当に正しい腕立て伏せをできていますか?間違ったやり方では意味がありません。

ここでは、大胸筋に効かせる正しい腕立て伏せのやり方を解説していきます。

 

腕立て伏せで鍛えられる筋肉は大胸筋以外もある!

腕立て伏せで鍛えられる筋肉は以下の通りです。

  • 大胸筋
  • 三角筋
  • 上腕三頭筋

 

なんとなく腕に効くようなイメージがあるかと思いますが、上腕二頭筋を鍛える種目ではありません。

バストアップをしたい方、腕を引き締めたい方にオススメなのが腕立て伏せです。

 

腕立て伏せの正しいやり方

まず、手の幅は肩幅の1.5倍くらいの広さで行います。そして、手は肩の真下に来るようにします。手の位置が上すぎたり、下になったりすると筋肉に効果的に刺激を与えることはできません。

 

腕立て伏せの姿勢で構えたら、体をまっすぐの状態で腕を曲げて体を下げます。常に胸を張ることを意識することが重要になってきます。その状態で腕立て伏せを繰り返します。呼吸法としては、下ろす時に吸って、上げるときに吐くようにします。

 

効かせる部位に応じてやり方を変えよう!

胸の下部に効かせたい場合は、台に手をついて行うのがオススメです。頭の位置を足よりも高くすることがポイントです。

 

胸の上部に効かせたい場合は、台に足を乗せて行いましょう。足の位置を頭よりも高くすることがポイントです。

 

胸の内側の部分を鍛えたい場合は、手の幅を狭くすると良いでしょう。

これら全て、意識するポイントは前項で解説したことを意識し、姿勢が崩れないように注意して行うようにしましょう。

 

とにかく姿勢を意識して腕立て伏せをしよう!

腕立て伏せの正しいやり方について解説してきました。自分では正しいと思っていても、意外と間違っていることが多いものです。動画を撮影するなどして、姿勢を確認しながら行い、正しい腕立て伏せで筋肉を効果的に鍛えましょう。

また、鍛えたい部位に応じて、やり方を変えて行うようにしてみてください。



引用元:【自宅筋トレ】なかやまきんに君の正しい腕立て伏せを学ぼう。