手首の強化 打つ・投げるがある種目は必ず鍛えた方が良い部位

手首を使うスポーツにおいて、手首の強化は必須です。卓球、テニス、ボクシング、バレー、バスケットボール、バトミントン、野球など、挙げるとかなり多くあります。

ラケットを握るとき、ボールを握るときなど、手のひらの次に手首は近い位置にあるため、道具に対して力を伝える際には、とても重要な部位となります。手首が強いと、打球を強く打てたり、ボールを強く投げることができたり、スポーツパフォーマンスにおいて有利に働いてくれます。

手首を強化するトレーニング方法はたくさんありますが、今回は器具を使ったトレーニングを紹介します。

 

よく手首を鍛える方法として「湯船の中で手首を振る」というトレーニングがありますが。これはとても良い練習です。ただもっと強化するためには負荷が必要になります。最初からかなり強い負荷をかけると手首を痛めてしまうので、適度な強度が望ましいです。

 

 

 

 

 

 

動画引用元:前腕のトレーニング 前腕のトレーニング器具 wrist curl

 

動画の器具は、適度な負荷とスポンジで保護されたセンターバーがあるため、初心者でも安全にトレーニングを実現させてくれるのでオススメです。

手首は意識しないと強化しない(おざなりになりやすい)部位なので、パフォーマンスを向上させるためにも、手首の強化を怠らないようにしましょう。