サイドナイフジャックで腹斜筋のトレーニング

トレーニングに必要なものは一切なし
自重のみで自宅で行えて、しかも効果的腹斜筋を鍛えるトレーニングをご紹介します。
簡単にできるトレーニングですので、今すぐ初めて引き締まった腹斜筋を手に入れましょう。

 

 

 

ジャックナイフとは

ジャックナイフとは、筋肉に強い強度負荷がかかるトレーニングです。
体を折りたたむ様子が、まるでジャックナイフのように見えることからこの名前が付いたそうです。
自重で行うことができることが最大のメリットで、自宅でのトレーニングに取り入れると効果的に筋肉を鍛えることができます。
通常の腹筋は上半身のみでトレーニングを行いますが、ジャックナイフは下半身も動かしてトレーニングを行います。
そのため、強度が増して辛さも倍増
その分、通常の腹筋では物足りなくなってきた、筋肉トレーニングの中級者にオススメのトレーニングなのです。

 

 

 

サイドジャックナイフのやり方

腹斜筋とは、胴体側面にある筋肉のこと。この部位を鍛えることで、メリハリのある引き締まった体を作ることができます。
また、内臓の位置を整え、代謝アップも期待できます。
健康で美しくなるために必要な筋肉といえるでしょう。

 

それではさっそくサイドジャックナイフのやり方をご説明します。
まずは、身体の側面にして横になりましょう。
そうしたら、になっているほうのを頭のうしろにもっていきます。
この状態で、足を上方に持ち上げながら、を太ももに近づけるように動かしましょう。
このとき、できるだけを伸ばして行うようにしましょう。
15~20回を1セットとし、左右3回ずつを目安に行います。

 

 

 

サイドジャックナイフをやる際の注意点

サイドジャックナイフを行う際は、一度持ち上げたを完全に元の状態に戻さないようにしましょう。
元の状態まで戻してしまうと、筋肉から負荷が抜けてしまい効果を十分に得ることができなくなります。
また、動作ゆっくりと行うこともポイントです。
そして、無理をしないことも大切です。
膝を伸ばした状態が辛いようでしたら、少し膝を曲げる等、自分に合った負荷で安全に行いましょう。
セット回数や1セットごとの回数を減らしてもOKです。

 

 

自宅で手軽に腹斜筋を鍛えることのできるサイドジャックナイフ、ぜひ挑戦しましょう!



動画引用元:【自宅筋トレ・腹筋体幹】サイドジャックナイフで腹斜筋を鍛える!Side Jack Knife Abdominis muscle

【参考URL】
【腹筋の筋トレ】ジャックナイフの正しいやり方と注意すべきポイント!

ライター名:SAI