ハムストリングの強化 ジャンプ力アップ 股関節から片足を上げるヒップリフト

ハムストリング(太もも裏)については、様々なスポーツで活躍する筋肉ですが、膝から下を後ろへ蹴る動作(膝関節の屈曲)や股関節から下の足を後ろへ蹴る動作(股関節の伸展)の時に活躍する筋肉です。

■走る
サッカー、陸上競技、野球、バスケットボール、ハンドボール、テニス

■ジャンプ
バスケットボール、バレーボール、ハンドボール

■持ち上げる(リフティング)
柔道、レスリング、ラグビー、ウエイトリフティング

などのスポーツに活躍するのがハムストリングです。

 

今回紹介するハムストリングを鍛えるトレーニングは、ヒップリフトの状態から片足を股関節の部分から上げ下げを行うトレーニングです。見た目以上に強度の高いので、正しいフォームを覚えてから、まずは少ない回数でスタートしてみましょう。

では、トレーニングのやり方ですが、

 

・仰向けに寝転ぶ
・膝を90度の角度で曲げた状態で膝を立てる
・左足のつま先を上げて、かかとだけ床に付いている状態
・右足の膝を真っ直ぐ伸ばして、足を上げた状態にする
・お尻を上げて、肩だけ床に付いている状態にする
・右足の付け根(股関節)から足を上げ下げする

 

以上のやり方になります。
最初は結構きついトレーニングになるので、回数を減らしてやってみると良いでしょう。

疲れてくると、お尻が落ちて来て、伸ばしている足が真っ直ぐにならず膝が曲がった状態になります。これでは効果半減です。お尻の位置と膝の伸ばしを強く意識して、股関節からしっかり上げ下げするようにしてください。

では動画を参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

動画引用元:【筋トレ】自重で太ももの裏(ハムストリングス)を鍛える