股関節周りの筋肉の強化 走る・飛ぶをより強く 立ったままローリングトレーニング

股関節は上半身と下半身をつなぐ大事な役割があります。ですので、つなぐ部分が弱かったり、安定しなかったり、怪我をしてしまうと、スポーツの基本的な動作である、走る・飛ぶという動作が出来なかったり、弱くなったりするので、全体的なパフォーマンスがかなり低下してしまいます。

もっと言うのであれば、座る・歩くという動作においても股関節は使いますので、生活習慣にも大きな影響を与えてしまう、大事な部位となります。

今回紹介する動画は「ローリング股関節トレーニング」という、立ったまま行う股関節強化のトレーニングです。地味な感じでトレーニングですが、実際にやってみると結構きついのでオススメのトレーニングになります。

 

股関節周りの筋肉については、様々なスポーツで活躍する筋肉ですが、主に股関節から下の足を前に出す、後ろに引く動作(屈曲、伸展)の時に活躍する筋肉です。

■走る・飛ぶ
野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、ラグビー、ハンドボール、テニス、陸上競技

などのスポーツに活躍するのが股関節周りの筋肉です。

 

では、トレーニングのやり方ですが、

・腰に手を当てて直立
・片足を上げる
・上げた方の足を股関節からしっかりと回す(ローリング)
・逆方向も回す

以上がやり方になります。
実際にやってみると分かりますが、足を上げて回しているだけがきついのではなく、身体を片足で支えている側の足も結構きついです。腰まわり全体が鍛えられている感があります。

そして大事なポイントは、股関節からしっかりと回すことです。膝から回したり、回す可動域が狭かったりするのはNGです。股関節を強く意識して、股関節から大きく回しているイメージを持って取り組むと、より効果的になると思います。

では動画を参考にしてみてください。

 

 

 

動画引用元:立ったままで股関節強化の筋トレ、ローリング股関節トレーニング