ボディービルと似ている競技「フィジーク」ってなに?違いについて解説!

muscle

ボディービルという名称は広く知られていますが、「フィジーク」という言葉があるのをご存知ですか?フィジークも鍛えられた体を審査する競技です。

それではボディービルとフィジークの違いは何なのでしょうか?ここではその違いについて解説していきます。

 

フィジークとは?特徴は?

フィジークとは、筋肉のバランスや美しさを審査して競う競技です。体に対して筋肉がバランスよくついているかがポイントになります。特に逆三角形や引き締まったボディが重視される競技がフィジークです。

2013年にアメリカで大会が開かれ、そこからフィジークという競技が定着するようになりました。

 

ボディービルとの違いは何?

「筋肉を競う」という点において、ボディービルとフィジークは同じですが、ボディービルは筋肉の大きさで競われるのに対して、フィジークはバランスよく筋肉がついているかが重視されるという点において異なります。

そのため、フィジークはボディービルと比べると筋肉の量は少なく、どれくらい引き締まっているかで評価されます。

 

また、ボディービルはブーメラン型のパンツを履いて審査されますが、フィジークではサーフパンツを履いて審査されます。このパンツのデザインや髪型など、いかに「かっこいい体か」が大切です。

 

フィジークの人気が高まっている理由

昨今、フィジークの人気が高まりつつあります。

ボディービルも人気ではありますが、いかに「かっこいい体として仕上がっているか」が審査基準なので、「かっこよさ」を求めて筋トレをしている人にとっては、筋肉の大きさよりもバランスを重視する方が多いと考えられます。

 

特に「細マッチョ」という言葉の流行りから、ゴリゴリに大きな筋肉とはまた違う魅力を持つものとして、一般に受け入れられてきたという背景も考えられます。

 

ボディービルとはまた違った魅力を持つのが「フィジーク」

ボディービルとフィジークの違いについて解説してきました。ボディービルにはボディービルの魅力が、フィジークにはフィジークの魅力があります。

何をかっこいいとするかは人それぞれですが、「ボディービル以外にも、筋肉を競う”フィジーク”という競技があるんだな」とあなたがフィジークについて理解を深めるきっかけになれば幸いです。

引用動画:フィジークとボディビル何が違う?




muscle