大胸筋の強化 ベンチが無くても出来る ダンベルプレスのやり方

 


ダンベルは家にあっても、このようなベンチがある家はなかなか無いと思います。今回はベンチが家に無くても、大胸筋を鍛える効果的なダンベルプレスのやり方をお伝えします。

 

大胸筋については、様々なスポーツで活躍する筋肉ですが、腕を外から内側に振る動作(水平内転)や肘を90度立てて腕を前に振る動作(内旋)の時に活躍する筋肉です。

■ボールを投げる・打つ
野球、バレーボール、バスケットボール、ハンドボール

■ラケット・バット・クラブを振る
野球、ゴルフ、テニス、バトミントン、卓球

■腕を振る
陸上競技、水泳、ボクシング

■押す
ラグビー、相撲

などのスポーツに活躍するのが大胸筋です。

 

では、ベンチが無くても出来るダンベルプレスのやり方は、

 

・両手にダンベルも持って仰向けに寝る
・膝は90度ぐらい曲げて立てる
・肩甲骨を寄せる
・ダンベルを下げる時、肘は床に着けずギリギリのところで止める

 

以上のやり方です。
ポイントはやはり肩甲骨を寄せてやることです。肩甲骨を寄せることで、胸が張ります。胸が張った姿勢でダンベルプレスを行うと、大胸筋がよく刺激されるので効果的です。

ベンチの上でやるよりは可動域が狭くなりますが、このやり方でも十分、大胸筋は鍛えられますので、ぜひ動画を参考にしてやってみてください。

また、動画ではリバースグリップでのダンベルプレスもレクチャーしてますので、合わせて見ると良いでしょう。

 

 

 

 

 

動画引用元:【筋トレ】床で行うダンベルプレスで大胸筋を鍛える2つの方法