たくましい二の腕に!ダンベルで上腕二頭筋を鍛えよう

しっかりと力こぶのついた上腕二頭筋は、たくましい印象をあたえますよね。
今回は、ダンベルを使った上腕二頭筋を鍛えるトレーニングをご紹介します。
鍛えやすい筋肉なので、コツを押さえて効果的にトレーニングしましょう!

 

 

 

上腕二頭筋とは

上腕二頭筋は「長頭」と「短頭」と呼ばれる2つの筋肉より成る筋肉です。
長頭は外側短頭は内側に位置し、いわゆる力こぶを作っているのは上腕二頭筋の短頭です。

上腕二頭筋の長頭と短頭を鍛えることで、ムキっとした見栄えの良い二の腕になります。
また、上腕二頭筋は、物を持ち上げたり引っ張ったりする動作に関わる筋肉です。
このため、上腕二頭筋を鍛えることは生活する上での動作が楽になるだけでなく、スポーツをしている場合だと、そのパフォーマンスアップにもつながります。

 

 

 

上腕二頭筋を鍛えるダンベルトレーニング

トレーニングをするときに最も重要なことは、鍛えている部位を意識すること。
上腕二頭筋のトレーニングは、長頭と短頭に分けて行うので、それぞれの部位にしっかりと負荷がかかっていることを意識しながら鍛えていきましょう!

 

 

 

長頭を鍛えるときのポイント

ポイントは、親指を上にしてダンベルを持ち上げること。
ひじが前に出ないよう気をつけながら、後ろに引くようにしながらダンベル引き上げていきます。
ダンベルは、8~10回引き上げることができるくらいの重さのものを選ぶと良いでしょう。
反動なしで7~8回反動をつけて2~3回できるくらいの重さに設定してください。

 

 

短頭を鍛えるときのポイント

短頭を鍛える場合は、手首をひねりながら、手のひらが上を向くように引き上げることがポイントです。
長頭の時と同様、肘が前に出ないよう意識しながら、ダンベルをゆっくり引き上げましょう。
10回程度反動をつけずに持ち上げたら、20回ほど反動を使って持ち上げます。

 

 

上腕二頭筋のトレーニングの方法はとってもシンプル。
ポイントを押さえたトレーニングで効果的に上腕二頭筋を鍛え、たくましい二の腕を手に入れましょう!



動画引用元:上腕二頭筋の正しい鍛え方。腕を太くするためのコツややり方の紹介。

【参考URL】
上腕二頭筋の鍛え方。男らしい力こぶを手に入れるための最強トレーニングメニュー
男らしい上腕二頭筋の鍛え方。正しい筋トレ&ストレッチメニューとは

ライター名:SAI