大胸筋の強化 クリスティアーノ・ロナウド クラッププッシュアップ

紹介している動画は、レアルマドリッドの超一流の選手たちが腕立てをやっているシーンです。このシーンだけでもかなり貴重ですが、動画を見ていると、クリスティアーノ・ロナウド選手だけ、違った動きの腕立てをやっていることが分かります。

上体を起こす際に、強く腕で身体を押し、上体を宙に浮かせて、1回拍手を入れる、という腕立て伏せです。クラッププッシュアップとも呼びます。

さすがクリスティアーノ・ロナウド選手とでも言いますか、普通の腕立てでは物足りないのか、周りの選手よりも強い負荷のトレーニングをやっているのは、さすがですね。やはり周りとは違うんですね。

このクラッププッシュアップは、バリスティックトレーニングの一つで、バリスティックトレーニングは「瞬間的に強く加速させる」ことを強化するために行うトレーニングです。大胸筋、三角筋、上腕三頭筋に対して、瞬間的な動きをより発揮させたい時に、このクラッププッシュアップを行うと良いでしょう。

より実践的な筋肉になると思います。

では動画をご覧ください。

 



動画引用元:クリスティアーノ・ロナウド 腕立て伏せ