側転のやり方!1人でもできるコツや練習方法について解説!

側転のやり方について、意識すべきコツや1人でも怖くない練習方法について解説していきます。これからバク宙を習得したい方や、現在側転の練習をしていて早く習得したい方は必見です。

 

側転のやり方とコツ!

側転のやり方は以下の通りになります。ここでは右に回転する場合の側転についてやり方を解説しているので、左回転の方は左右を逆に考えてください。

  1. 手を上に上げて構える
  2. 右手を先に地面について、その後に左手を地面につく
  3. 足を地面から離して回転する
  4. 左足を先に地面について、その後に右足をついて着地する

 

側転のコツとしては、手を遠くにつくことが大事になります。そうすることで、縮こまった側転にならずに、大きく美しい側転が可能です。縮こまるとぶれたりする原因にもなるので、手を遠くにつくことはしっかりと意識しましょう。

 

また、手を真っ直ぐつくことも重要になります。地面に手をついたときに横にずれて着手すると、測点が曲がる原因になってしまいます。直線を意識して手をつくようにしましょう。

 

そして着地するときは後についた方の手で地面を押すようにしましょう。そうしないと起き上がってこずに、きちんと立つことができません。右回転の方は左手で地面をぐっと押すようにしましょう。

 

1人でもできる!側転の練習方法!

続いてここからは側転の練習方法について解説していきます。

 

壁倒立を行う

側転で回転したときに、一度倒立の姿勢を経過して着地へ向かいます。なので、倒立の姿勢を理解していることは大切です。

壁で倒立を行うことで、しっかりと肩の上に真っ直ぐ体重が乗っかる感覚が掴めるのでぜひ練習してみてください。

 

直線の上で側転を行う

メジャーでも何でも良いので、直線を実際に引いてその上で側転をするように練習してみましょう。手の付く位置がずれてしまう人は、直線の上に手が乗っていなければいけません。また、側転をやってみて、着地位置が直線からずれてしまう方も、直線の上に乗れるように練習してみましょう。

 

ポイントを意識して側転を習得しよう!

ここまで側転のやり方や練習方法について解説していきました。ポイントはたくさんありますが、1つ1つ身につけられるよう意識して行ってみてください。

 

実践動画



動画引用元:【側転講座】体操選手が丁寧にやり方・練習方法を教えます

ライター名:アッくん