初心者にもオススメ!お尻を鍛えるボックススクワット

初心者にもオススメ!ボックススクワットは通常のスクワットとは異なり、椅子を使ったスクワットです。
椅子があることで体のバランスが安定し、しっかりと腰を下げることができるのです。
スクワットを制する者は筋トレを制する?!ボックススクワットで下半身を強化しましょう。

 

 

 

ボックススクワットのやり方

ボックススクワットに使う椅子は、座った時に太もも平行になる高さがベストです。
ジムであればフラットベンチを利用しましょう。
通常のスクワットの軌道は垂直上下運動ですが、ボックススクワットは、お尻Jの字を描くような軌道で行います。
途中まで垂直に腰を落とし、椅子に腰が付く直前にお尻を突き出すようにして椅子に腰かけます。
その後、再びゆっくりと立ち上がります。

 

 

 

ポイント

  1. 内側に向かったり、つま先より前に出てしまったりしないように注意しましょう。
    上下運動は下半身の筋肉を使ってゆっくりと行うこともポイントです。
    椅子があるからといって勢いよく腰を落としてしまうと効果は半減
    お尻や下半身の筋肉が使われていることを意識しながら行いましょう。
    の前でフォームをチェックしながら行うのも効果的です。
  2. 初心者はバランスを取ることが難しいため、プレートをつけずバーのみでボックススクワットをすることをお勧めします。
    慣れてきたらバーベルを使い、さらに負荷をかけていきましょう。
    くれぐれも無理のないよう、自分の筋力に見合った負荷をかけるように心がけ、安全にトレーニングを。
  3. バーベルを使わず自重でボックススクワットをしても効果的です。
    これなら椅子さえあればどこでも行うことができるため、オフィスでの隙間時間自宅でも行うことができます。
    忙しくてなかなか運動する時間を取れないという方にもオススメ。
    少しの時間をうまく使ってお尻の筋力アップを目指しましょう。

 

 

 

自宅にあるものでできるので、すぐに始めることができることもボックススクワットの魅力です。
筋トレを始めようと思っている方はまずボックススクワットから始めてはいかがでしょうか?

詳しい方法は以下の動画をご覧ください。



動画引用元:筋トレでヒップアップ!