3種類のダイナミックストレッチウォーミングアップ

陸上経験者なら知っておきたいウォーミングアップ。
今回は、W-UP(ダイナミックストレッチ・スプリントドリル)の中でも、3種類の「ダイナミックストレッチ」のウォームアップについてご紹介していきます。

 

 

 

3種類のダイナミックストレッチ

今回ご紹介するのは、3種類のダイナミックストレッチです。
さっそくひとつめの「つま先タッチ(後ろ腕組み)」から紹介していきます。

 

 

片方の足を前に出して、ハムのストレッチをします。
そのとき手を後ろで組んで、肩甲骨のストレッチもおこないましょう。
このストレッチは、上半身と下半身のストレッチを同時にできるので、おすすめです。

 

 

ふたつめに紹介するのが「片足振り上げ」。
片足を振り上げながら、瞬間的にハムを伸ばしていきます。
スプリントに入ってもケガをしないように、ハムを慣れさせておくという効果を期待できます。

 

 

最後に紹介するのが、「コンビネーションランジ」。
ランジは、股関節周りの可動域をあげることができます。
足の内側に体を入れ込むことで、前足の股関節へ刺激が多くなります。
おこなうときには、目線が下向きになりすぎないように注意してください。
真下から正面を見るようにすると良いです。

 

 

 

大切なポイント

3種類のダイナミックストレッチについてご紹介しましたが、それぞれのポイントをまとめると……

  • 「つま先タッチ(後ろ腕組み)」では、肩甲骨のストレッチの要素を入れて、上半身と下半身を一気にストレッチする
  • 「片足振り上げ」では、スプリントに入ってもケガをしないように、ハムを慣れさせておく
  • 「コンビネーションランジ」では、前足の股関節への刺激を多くし、さらに目線を真上から正面にすることが大切

 

 

 

まとめ

陸上の動き作りで何をしたら良いかわからないという方に、とくに実践してほしい種目をご紹介しました。
自分ができる分を継続しておこなうことが大切です。
毎日コツコツと、自分のできる範囲でトレーニングをおこなってみてくださいね。

ライター名:チョコ

 



動画引用元:【ドリル紹介!】陸上トレーニング紹介:W-UP(ダイナミックストレッチ・スプリントドリル)

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。