3つの『体幹トレーニング』で走力をアップさせよう!

走力をあげるためには、基本姿勢や走るコツを学ぶことも大切ですが、実は体幹を鍛えることも大切なのです。今回は、自宅で簡単にできる体幹トレーニングをご紹介します。体幹を鍛えて、走力をあげましょう!

 

 

重要となる3つのトレーニング

今回ご紹介するのは、

・股関節の可動域確保と神経系のトレーニング
・腿をひねりひきあげるトレーニング
・大臀筋とハムストリングのトレーニング

の3つのトレーニングです。
さっそくご紹介しましょう。

 

 

股関節の可動域確保と神経系のトレーニング

しゃがんでいる状態から、足の前後を素早く入れ替える「レッグチェンジ」をします。
後ろ足は限界まで下げて、前足は手より前にかかとを持ってくるようにします。
最大の距離を全速力で動かしましょう。
しかし、ここでは速さよりも足がしっかりと動いているかの正確性が大切です。
正確性を優先しながらスピードを徐々にあげ、30~50回を3セット行います。

 

 

腿をひねりひきあげるトレーニング

次は、安定した軸と体幹で、腿をひねりひきあげるトレーニングです。
両腕を床につき、腕立て伏せの姿勢から、片ひざを反対のひざに触れるくらいまで近づけます。
腰をひねりながら肘にむかって膝蹴りをするイメージで左右交互に行います。
ここでも形の正確性を優先しながら、可能な限り早く動かします。
大腰筋、腹筋、腹斜筋を追い込みながら、30~50回を3セット行いましょう。
きついと感じても動きを止めずに、慣れてきたらスピードをあげていきましょう。

 

 

大臀筋とハムストリングのトレーニング

最後に、膝をお尻の後ろに蹴りだす力をつける、大臀筋とハムストリングのトレーニングを行います。
片足を大きく後ろへ引いてしゃがんだら、前足のかかとを重心にして立ちあがります。
このとき、猫背にならないように注意しましょう。
胸を膝の真上に置くイメージで、30~50回を3セット。前足側のハムストリングと大臀筋を鍛えます。

 

以下の動画で、詳しいトレーニング方法を確認し、イメージを掴んでみてくださいね。



 

動画引用元:【走力】【自宅トレーニング】速く走れるようになるための体幹トレーニング!走力アップ、ダイエット、スタイルアップにも

3週間ほど定期的に実践することで、確実に足が速くなりますよ。
自宅ですぐにできるトレーニングなので、天気が悪く、外で走る練習ができないというときは、ご紹介した3つの体幹トレーニングで走力をあげましょう!

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。