足を速くするために知っておきたい大切な3つの練習法

足が速くなりたいけれど、どうしたらよいのだろうと悩んでいる人は多いはず。
今回は小・中学生向けの陸上競技の基本中の基本である「足が速くなる方法」についてご紹介していきます。

 

 

 

腕振りの重要さを知る

走る」というと足のことだけを考えてしまいがちですが、実は腕振りがとても重要。
肩幅に足を広げたら姿勢を正します。
両手を上にあげて、そのまま手をおろし、ひじを90度にして前後に大きく振るイメージです。
このとき、手はグーでもパーでもなくその間くらいにしておきましょう。
そして足を1歩前に出し、やや前傾姿勢をとって交差させます。

 

 

最後の走りが苦しい場合にも、足を動かすのではなく、腕を大きく振ることで足が前へとでてきます。
を握るとに力が入ってはやく走れなくなってしまうので、注意してください。

 

 

足の幅は肩幅よりも少し広めにとった姿勢から、重心に倒しながらスタートします。
倒れるように前にでると同時に、腕振りもおこないます。
ギリギリまで待ってから、腕振りをするようにしましょう。

 

 

 

もも上げも同時に

次に、もも上げについても見ていきましょう。
先ほどご紹介した腕上げをするときには、同時にもも上げもおこないます。
のももをあげるときはの腕を、この練習を片足ずつやっていきます。

 

 

実際に練習をしてみましょう。
姿勢を正したまま、少しずつステップをしながら左右の足を動かして、そのまま前へとすすみ、もも上げをします。
はじめの足の動きで、走る前の足首の動きを柔らかくすることができます。
もも上げをする前に、足首を柔らかくしてからはじめるようにしましょう。

 

 

 

グイグイ走りで声をだす

最後にグイグイ走りについてご紹介していきます。
グイグイ走りとは、「グイグイ」とをだして走る練習法です。
「グイグイ」と声を出すことで、足で地面を蹴ることをより意識することができます。

 

 

今回ご紹介した3つの練習はあわせておこなうことで、子供だけでなく大人もきれいなフォームで走れるようになりますよ。

 

こちらの動画でくわしくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてくださいね。



動画引用元:【簡単】100m11秒2が教える絶対に足が速くなる方法

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。