走りを軽くしたい!走る前のオススメストレッチ3

ランニングをするとき、足腰が重たく感じることはありませんか?
それは、股関節まわりの筋肉硬化が原因かもしれません。
そこで今回は、股関節周辺の可動性を高めるストレッチを3つご紹介します。

 

 

 

ストレッチの効果とは

今回ご紹介するストレッチは、歩走行、立ち座りに必要な筋肉にポイントを絞って無理なく伸ばすため、姿勢バランス力の向上、脚のスムーズな引き上げへの効果が期待できます。

 

 

 

いざ、実践!

 

「股割りストレッチ」で内転筋をやわらかく

  1. 脚をに開いて立ち、を曲げます。
    膝とつま先は外に向け、上半身は前傾しないようにしてください。
  2. 1の状態のまま、骨盤を右に素早く傾けて戻します。
    これを、1秒に1回のペースで5セット繰り返しましょう。
  3. 同じ要領で左側もおこなってください。

 

 

「片膝立てストレッチ」で腸腰筋をしなやかに

  1. 両膝立ちの姿勢から、右足を前に大きく踏み出します。
  2. 少しずつ右足へ体重移動します。
    上半身が前傾しないよう、左の腿の付け根を伸ばしてください。
  3. 2の姿勢のまま、上半身をにねじります。
    1秒に1回程度のペースで、15セット
  4. 同じ要領で反対側もおこないましょう。

 

 

「ダイナミックストレッチ」の振り子運動で腿の裏表を柔軟に

  1. 両脚をそろえて立ち、背筋を伸ばします。
  2. 振り子のイメージで、右脚をブラブラと前後に揺らします。
    バランスが取りにくい人はなどに片手を置きましょう。
    振り幅は徐々に大きくしてダイナミックに。
    これを25往復おこないます。
  3. 左脚も同じ要領でおこないましょう。

 

 

 

効果を高めるための工夫

ストレッチは、余分な力を抜いて行うことが大切です。
始める前に深呼吸を繰り返すと、筋肉の緊張がほぐれ、より効果が高まるでしょう。
強度の目安は、息を吐きながら少しずつ伸ばして「痛キモチイイ」と感じるところでキープするのがベストです。

 

 

股関節周辺の柔軟性向上は、ランニングだけではなく日常生活も快適にしてくれます。
自分のペースでコツコツと続けましょう!

動画引用元:走る時、足が軽くなるストレッチの方法

ライター名 : なかたり

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。