山縣亮太選手から学ぶ、走りのフォームとポイント

男子短距離の山縣亮太選手をご存じですか?
2016年リオデジャネイロオリンピックの4×100mリレーで銀メダリストとなった山縣選手
今回は彼のフォームや走りについて、ご紹介していきます。

 

 

 

山縣亮太選手とは?

安定した走りが特徴の山縣亮太選手。2017年の全日本実業団決勝では10秒00という驚異の記録を生みだしました。
アジア大会でも10秒00の走りをみせ、世界で戦える選手であると証明された今、日本国内からも期待が高まっています。
そんな山縣亮太選手の走りから良い点を学んで、自身の走りの技術も向上させていきましょう。

 

 

 

山縣亮太選手の走りから学ぶ

山縣亮太選手の走りを確認するために、こちらの動画を確認してみてください。



動画引用元:【動作解析】山縣の走りから学べること

はじめに、フォームの中で大切なことのひとつである、腕の振り方に注目していきましょう。

 

 

動画で見てみると山縣亮太選手の腕は、肩くらいの高さまであがっていることがわかります。
さらに、腕の振り方がコンパクトで極限まで無駄を省いています。
このとき大切なポイントは、うしろに振るときに、手首を返しておくことです。
これによって、無駄な力を抜くことができます。

 

 

続いて、足の膝の角度にも注目してみましょう。
膝の角度が大きくなりすぎてしまうと、足が遠回りしてしまうので、全体的なロスへとつながります。
そうならないためには、膝を伸ばそうとせず、リラックスをした状態で足を落としてあげることが重要
これによって、足を高速回転することが実現できるのです。

 

 

最後に、体の前傾姿勢にも注目してみましょう。
ほかの選手とくらべてみてもわかる通り、山縣亮太選手の姿勢は前半から後半まで変わることなく前傾のまま走り続けています。
これはとてもむずかしいことではありますが、この状態を維持することができればものすごい速さのスピードを出すことができます。
この技術ができているのは、山縣亮太選手くらいで世界でもトップクラスです。
体が前へとつんのめってしまうと、足が流れて前へと戻すことができなくなってしまうので、腸腰筋で足を振り戻すということを意識してみましょう。

 

 

 

おわりに

今後の活躍が期待されている山縣亮太選手。
彼の走り方を参考に、自身のフォームを見直してみませんか?
良いところを取り入れるだけで、今までの記録よりもぐんと速く走ることができるようになるかもしれませんよ。

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。