プライオメトリクスを意識したスキップ練習と悪い例

今回は、プライオメトリクスを意識したスキップの練習法についてご紹介していきます。
実戦でつかえる技術を学んで、短距離をさらに速く走れるようになるため、トレーニングをおこなっていきましょう!

 

 

 

意識するべきポイント

プライオメトリクスを意識したスキップの練習を始める前に意識するべきポイントは、なるべく短い接地時間でおこなうことです。
また、膝を重ねる場所を気を付けることも大切です。
逆にいうと、足をスイングするタイミングを意識するということになります。

 

振り下ろす膝と上げる膝が、自分の身体の前重なるようにすると良いです。
振り下ろした真下の部分で重なるのは悪い例!
身体の前で重なるということをしっかりと意識しておこなっていきましょう。

 

実際に動画でここまでの流れを確認してみましょう。



動画引用元:【陸上競技】杉本龍勇のスプリント基礎トレーニング

 

 

 

 

実際に練習して感覚をつかもう

は振り下ろすことよりも、上げることを意識してみてください。
足を上げ、自分のタイミングを探っていくように練習していきましょう。

 

接地時間は短く、軽くなることを意識しながらおこなうと、よりイメージが掴みやすくなると思います。
腰がひけている状態も良くないので、支えるだけの足をつかって前にスイングするということを意識すると良いですよ。

 

 

 

 

悪いポイント

また、膝から下に振りだそうという気持ちが強く出過ぎているとき、重心が少し後傾気味になってしまいがちです。
そうすると、足を接地するタイミングがずれ、力がかからないという現象が起き、パワフル感や躍動感が生まれない原因になってしまいます。

 

そうならないためにも、振り下ろす膝と上げる膝が自分の身体の前で重なるようにしっかり意識して、スキップ練習をおこなっていきましょう!

 

ライター名:チョコ

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。