太田りゆ選手の勝負メシ「ボンゴレビアンコ」の秘密

ガールズケイリンの太田りゆ選手は、行きつけのイタリアンレストランで注文するメニューはボンゴレビアンコと決まっているそうです。美味しいだけでなく、スポーツ選手に嬉しい栄養素が豊富に含まれているボンゴレビアンコの秘密をご紹介します!

太田りゆ選手とは?

ガールズケイリン(女子競輪)で活躍する太田りゆ選手。
中学校・高校時代は陸上をしていましたが、その後、ガールズケイリンにシフトしました。
それまで自転車未経験でしたが、2016年2月から自転車に乗り始め、2017年2月には日本代表選手としてアジア選手権に出場したという実績があります。
現在は、2020年に行われる東京オリンピックに向けて、日々練習に励んでいるようですよ。

勝負メシはボンゴレビアンコ!

太田選手は、あるイタリアンレストランによく通うそうですが、そこで注文するメニューはいつも決まっています。それは「ボンゴレビアンコ」です。




動画引用元:ナショナルチーム太田りゆ選手のオリンピック飯/「ミナモト飯#5」

ボンゴレビアンコは、スパゲッティ料理の一つです。
イタリア語で「ボンゴレ」は「あさり」を、「ビアンコ」は白を意味します。
つまりボンゴレビアンコは、あさりと白ワインを使った、オイルベースのスパゲッティということになります。
見た目は小さいあさりですが、栄養豊富な食材で、特に、鉄分・ビタミンB2・亜鉛が多く含まれています。

まず鉄分ですが、スポーツ選手は、さまざまな理由から貧血になりやすいのです。
貧血になると、酸素を全身に運ぶためのヘモグロビンの数が減り、持久力やスタミナの低下につながってしまいます。そのため、スポーツ選手はとくに、意識的に鉄分を摂る必要があるのです。

また、ビタミンB2は脂肪をエネルギーに変えることをサポートする役割があります。有酸素運動では、エネルギー源として脂肪も使われます。より効率的に、脂肪をエネルギーに変えるためには、ビタミンB2は必須といえます。

最後に亜鉛ですが、亜鉛は汗や尿から排出されやすい栄養素です。汗をよくかくアスリートは、亜鉛不足になりやすいと言われています。亜鉛は筋肉の発達に関わる栄養素で、しかも体内で作りだすことができないので、意識的に摂取しなければなりません。

これらの重要な栄養素を補えるボンゴレビアンコは、見た目のとおり炭水化物
エネルギーの枯渇を避けるためにも、スポーツ選手にとっては炭水化物の摂取も重要です。

太田りゆ選手の勝負メシ、ボンゴレビアンコは、スポーツ選手に欠かせない栄養素がたくさん含まれている料理だったのです!
太田選手が勝負メシに選ぶのも、理にかなっているのですね。みなさんも、イタリアンレストランに行った際には、ぜひボンゴレビアンコを注文してみてくださいね。

ライター名
Mio