栄養もボリュームも満点!ピーマンの肉詰めの作り方

緑黄色野菜ピーマンと、タンパク質が豊富なお肉の合わさったピーマンの肉詰めは、アスリートにとっておすすめの一品です。
ピーマンの肉詰めは、お弁当にもおすすめですよ。
今回は、その作り方の説明と栄養の解説をしていきます。

 

 

ピーマンの肉詰めの作り方

早速作り方をご紹介します!
工程は多いですが、そこまで難しくなく、簡単に作れますよ。
一度に何個も作って、冷凍しておいてもいいかもしれません。
その場合は、ソースをかける前のものを冷凍してくださいね。

 

 

材料

ピーマン:6個
合びき肉:300g
玉ねぎ:1/2個
パン粉:大さじ4
牛乳:大さじ3
にんにく:1/2かけ分(すりおろしておきます)
塩:小さじ1/2
こしょう:少々
サラダ油:少々
<ソース材料>
Aケチャップ:大さじ2と1/2
A醤油:大さじ1と1/3
Aみりん:大さじ1と1/3

 

 

作り方

  1. ピーマンを縦半分に切り、ヘタの真下に切り込みを入れ、ピーマンの種とワタを取り除きます。
    切り込みを入れて種とワタをとることで、器の形を綺麗に残すことができます。
  2. ピーマンを並べ、茶こしなどを使って、小麦粉を全体に薄く振りかけます。
    小麦粉がピーマンと肉のタネをくっつける糊の役割を果たします。
  3. 玉ねぎをみじん切りにします。
  4. ボウルに玉ねぎを合わせ、牛乳パン粉にんにくこしょうを加えます。
  5. 白っぽく、粘りがでるまで、全体をしっかりと練り混ぜます。
  6. ピーマンに5のタネを詰めます。(少しこんもりするくらいの量)
  7. フライパンにサラダ油を薄く引き、中火にかけ、タネ側から1分程焼いて焼き色を付けます。
  8. 焼き色が付いたものから裏返します。
  9. 裏返してから、火加減そのままで30分程焼きます。
  10. 弱火に落として、蓋をして5分程焼き蒸らします。
  11. 透明な肉汁が出るか、串を刺して確認します。
    濁った肉汁が出れば、まだ火が通っていませんので、追加で火を通しましょう。
  12. ピーマンの肉詰めをお皿に取り出します。
  13. フライパンを火にかけ、ソース材料(A)の材料を順に加えます。
  14. 混ぜ合わせながら、とろみが出るまで軽く煮詰めてソースを作ります。
  15. ソースを12にかけて、完成です。

 

 

 

ピーマンの栄養

ピーマンは、緑黄色野菜に分類される野菜です。
つまり、βカロテンが豊富に含まれています。
βカロテンは、抗酸化作用があり、活性酸素を除去するはたらきがあります。
アスリートは、激しい運動により活性酸素を大量に発生させてしまうので、抗酸化作用のある食品を積極的に摂りたいですね。

 

また、ピーマンはビタミンCカリウムも豊富に含まれていることで有名な野菜です。
ビタミンCは免疫力を高める効果があると言われています。
また、ストレスへの抵抗力も高めてくれ、これは肉体的にも精神的にも作用します。
カリウムは、体内の水分量ナトリウム量(塩分)のバランスを取る役割があるため、むくみの防止に役立ちます。

 

これらの栄養素は、肉には十分に含まれていません。
肉とピーマンを一緒に食べることで、栄養バランスがよくなりますよ。

 

ピーマンは、1年を通して手に入りやすい野菜です。
ピーマンの苦みが苦手な方も、肉詰めにすれば食べやすくなりますよ。
汁気が少ないので、お弁当にもオススメですよ。
いいこと尽くしのピーマンの肉詰めを、ぜひ作ってみてください!

動画引用元:ピーマンの肉詰めの作り方

ライター名:Mio

ライター名

Mio
Mio
中学・高校…バスケットボール
大学…アメリカンフットボール部でアスレチックトレーナー
資格:スポーツフードアドバイザー