スポーツ選手必見 食事管理で意識するポイント ベスト5

自身がスポーツをやっている方、または家族がスポーツをやっている方、様々いると思います。
スポーツをやって入れば誰でも上達したい、うまくなりたいと願うでしょう。

そのためには練習も必要ですが、体力づくりや上達スピードを上げるために、食事面でのサポートも欠かせません。

今回はどのスポーツ選手にも、アスリートにもぜひ理解してもらいたい、食事管理をする上で、気をつけなければならないポイントと優先順位をご紹介します。

優先順位が低いものから順にご紹介し、最後にスポーツ選手にとって一番重要なポイントをご紹介します。

 

5.栄養補助食品

サプリメントなどを指します。
サプリをメインとするのではなく、足りない栄養分をサプリで摂取するという認識が良いと思います。

4.食事回数・タイミング

練習前それとも練習後?食事を取るタイミングや、体を大きくしなければならない場合、食事する回数を分けて、より多くのご飯を食べれるよう工夫されていますよね。

回数やタイミングについても、基本の栄養素がきちんと摂取できているかが優先となります。

 

 

3.ミネラル+水分

ミネラル(カルシウム・マグネシウム・カリウム・亜鉛・ビタミン)の摂取、そしてスポーツ選手にとって欠かせない水分の補給です。

ミネラルは貧血を防いだり、骨も丈夫にする作用があると言われています。

2.三大栄養素+食物繊維

三大栄養素(炭水化物・脂質・タンパク質)と食物繊維の摂取は、スポーツ選手であれば、必須の栄養素となります。

炭水化物と脂質はエネルギー源で、タンパク質はいわずもがな、筋肉を生成する役割を果たしてくれます。

1.カロリー摂取

消費したカロリーに対して、摂取カロリーも相当数を摂取する必要がある。
体を動きやすく、軽くするためだからといって、消費カロリーの方が上回るようにするのは、おすすめできません。

その逆で、体を重くしたい場合は、消費カロリーよりも食事で摂取カロリーを上回らなければなりません。

 

1〜3(カロリー摂取、三大栄養素+食物繊維、ミネラル+水分)がうまくできてから、さらに効果を倍増させたい方が4,5をやるべきであるとのことです。

ぜひ今回ご紹介したランクを元に、意識すべきポイントを考え直してみてはいかがでしょうか。

 

下記に、詳しく解説のある動画がありますので、ぜひご覧ください。



動画引用元:スポーツ栄養学の基礎『栄養学雑談』