カリウムを取ろう 足のつり(こむら返り)を予防 ほうれん草

サッカーの代表戦などをテレビで観戦していて、足をつった選手が痛そうに動けなくなったり、ピッチの外に出ることがありますよね。
プロの選手でもなってしまう足のつり(こむら返り)。
スポーツ経験者なら誰しも足をつってしまったことはあると思います。

今回は、「足がつる」に焦点を当てて、足がつってしまう原因や、食事面から足のつりを予防することができないかを検証しました!

 

まず、足をつってしまう原因は、下記に記載ある通り、筋肉が収縮したまま弛緩(しかん)しない状態を指します。

 

通常筋肉は、収縮と弛緩をバランスよく調節しているのですが、このバランスが崩れて、筋肉が極度に収縮したり、収縮したまま弛緩しない状態が、「足がつる」状態すなわち、こむら返りです。

また、筋肉や腱のセンサーが上手く働かずに、こむら返りが起こることもあります。

出典:「こむら返り」治す方法~寝ている時に足がつったら~

 

プロの選手なら、筋肉や腱のセンサーを上手に働かすことが出来そうというイメージがありますが、なぜ起こってしまうのでしょうか?

 

それは、スポーツ選手はカリウム不足に陥りがちであることに理由があるようです!

 

カリウムは水分調整を行う重要な役割を果たしてくれて、ナトリウムと一緒に電解質と呼ばれ、筋肉や神経のバランスを整えてくれると言われています。
しかしスポーツ選手など激しい運動をすると、汗をかきます。
その汗でカリウムが流れ出てしまい、カリウムが不足。電解質のバランスが崩れ、足をつってしまう原因になってしまう場合があります。

なので、日頃からカリウムを積極的に摂取することが重要になってきます。

 

そこで今回、カリウムが豊富に含まれていて、おすすめの野菜が

 

ほうれん草

 

です!

 

ほうれん草は野菜の中で一番カリウムの含有量が高く(100gあたり690mg)、今が旬!
冬のほうれん草って少し甘いと思いませんか?それは夏場より栄養価が高いため、甘く感じるようです。

もちろん、足をつらない対策としては、ウォーミングアップも非常に重要です。
ほうれん草を食べて、ウォーミングアップをし、最善を尽くして、試合に臨みましょう!!

それでは本日は、電解質のバランスが重要とのことで、ほうれん草のカリウムとナトリウム(醤油、わかめ)、両方を摂取できるレシピをご紹介します。

 

 

 

 

【★ほうれん草を使ったレシピ★】

醤油とごま油☆ほうれん草のお浸し

 

 

 

 

 

 

 

詳しくはこちら!

 

ほうれん草とワカメの卵スープ

詳しくはこちら!