疲労回復に!たんぱく質たっぷりの豆乳鍋

様々な具材の入った豆乳鍋アスリートにおすすめです!
良質なたんぱく質ビタミンミネラルを一度に摂取することができる上、身体も温めることができます。
作り方もとても簡単なのでぜひチェックしてください!
豆乳の栄養価についても解説していきます。

 

 

 

豆乳にはどんな栄養があるの?

豆乳とは、大豆が原料で、豆腐に固める前の状態のものです。
大豆は「畑の肉」とも言われており、植物性のタンパク質が豊富に含まれています。
タンパク質は、筋肉血液を作るのに必要な栄養素です。
激しく身体を動かして、筋肉が損傷するアスリートは積極的にタンパク質を摂取する必要があります。

 

 

また、タンパク質以外にも豆乳には様々な栄養素が含まれています。
代表的な栄養素は、ビタミンB群カリウムマグネシウムなどがあります。
ビタミンB群は、糖質脂質エネルギー変換するために必要な栄養素です。
これらは疲労回復に効果的です。
カリウムは、身体の中にある水分バランスを調整してくれる役割があります。
汗で流れ出て不足してしまうと、筋痙攣が起きてしまうおそれもあります。
マグネシウムは、カルシウムと密接な関係があり、筋肉収縮神経伝達に関わる栄養素です。
カリウムと同様、不足してしまうと筋痙攣を誘発してしまうともいわれています。
重要な栄養素ですが、現代人は不足している場合が多く、意識して摂取する必要があります。

 

 

 

豆乳鍋の作り方

豆乳をベースに使ったスープのお鍋。
お好きな野菜を使っていただいていいですが、今回は以下の具材を入れてみましょう。

 

  • ねぎ
  • 水菜
  • にんじん
  • キャベツ
  • 豆腐

 

 

  1. 土鍋水4カップめんつゆ大さじ5鶏がらスープの素大さじ1強おろししょうが大さじ1.5を入れて軽く混ぜます。
  2. 1の土鍋に一口大にちぎったキャベツ短冊切りにしたにんじん、斜めに切った長ねぎを入れ、火にかけます。
  3. スープが湧いたら、大き目に切った豆腐を入れます。
  4. 片栗粉を揉み込んだ豚小間肉を入れます。
  5. 豚肉に火が通り、野菜が柔らかくなったら、弱火にして豆乳2カップとざく切りにした水菜を加えます。
  6. 煮たてないようにスープを温めたら完成です。

 

 

具材を切ってどんどん入れていくだけなので、とても簡単ですよ!
栄養価も高いので、ぜひ作ってみてくださいね。



動画引用元:少ない調味料で絶品!豆乳鍋/みきママ

ライター名:Mio

ライター名

株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップ
株式会社スポルアップです。
スポーツに関する効果的な練習・トレーニング・食事を分かりやすい記事で紹介していきます。