栄養満点で疲労に効く!? サムゲタンとはどんな料理?

韓国料理の一つであるサムゲタン。
鶏肉を使った料理で、栄養たっぷりで身体があたたまります。
鶏肉を丸々一羽使うのが本場の作り方ですが、手羽元を使っても美味しく作ることができますよ。
レシピ栄養について解説しています。

 

 

 

サムゲタンにはどんな栄養素がある?

サムゲタンの主な材料は、鶏肉お米です。
お好みでお野菜を入れたりします。
鶏肉が材料なので、タンパク質をしっかりと摂ることができます。
タンパク質は、アスリートにとって必要不可欠な栄養素の一つです。
激しい運動をすると、筋肉損傷します。
損傷した筋肉を修復し、さらに強い筋肉にするためには、タンパク質が必要です。

 

 

また、鶏肉にはタンパク質の他にもビタミンAという栄養素も比較的多く含まれています。
ビタミンAには、粘膜に作用して細菌などから守る働きや、健康を保つ働きがあります。
体が資本のアスリートは不足させたくない栄養素ですね。

 

 

一方お米は、活動するためのエネルギー源となる糖質を多く含む食品です。
アスリートは運動量が多いので、一般の方よりも多く糖質を摂る必要があります。
今回ご紹介するサムゲタンのレシピには、お米の他にもお餅も入るので、より多くの糖質を摂ることができますよ。

 

 

 

お手軽サムゲタンの作り方

本場のサムゲタンは、丸鶏を使用することが多いですが、今回は手に入りやすい「鶏の手羽元」を使った、手軽に作ることができるレシピをご紹介します。

 

 

【材料(2人分)】
・生米:大さじ1
・水:200ml
・長ネギ:1/2本
・しめじ:30g
・切り餅:1個
・鶏手羽元:4本
・塩:少々
・鶏がらスープの素:小さじ1
・しょうが(すりおろし):小さじ1/2

 

 

【作り方】
1.生米に水を入れて、10分以上置きます。

2.材料を切ります。
・長ネギ→斜めに薄切り
・しめじ→石づきを落として食べやすい大きさに分ける
・切り餅→薄くスライス
・鶏手羽元→骨に沿って切り開く

3.リードプチ圧力調理バッグに全ての材料を入れて、混ぜ合わせます。

4.600Wのレンジで7分加熱し、その後電子レンジ庫内で3分間置いて完成です。
器に盛るとき、やけどをしないように注意してくださいね。

 

 

【注意点】
今回は、「リードプチ圧力調理バッグ」という製品を使って、調理しました。
この製品を使わない場合は、耐熱容器に入れて、ラップもしくはをして調理してくださいね。
このとき、蒸気を逃がすために、ラップの場合はふんわりとかけ、蓋の場合はずらして蓋をしてください。

 

 

 

そもそもサムゲタンとはどんな料理?

サムゲタン(参鶏湯)とはもともと、韓国の薬膳料理の一つです。
鶏肉を丸々一羽使って、高麗人参ナツメニンニクなどを一緒に煮込んだスープです。
鶏肉の内臓を取り除いて、そこに米などの材料を詰めて煮込みます。
味付けは胡椒で行い、シンプルに素材の味を活かします。
温かいスープなので、冬の料理と思われがち(実際に日本では冬に食べる方も多い)ですが、夏バテに効果的だと言われているため、本来は夏に食べる料理です。

 

 

サムゲタンと似たような韓国料理に「タッカンマリ」という料理があります。
タッカンマリも鶏肉を丸々一羽使い、野菜などと一緒に煮込んだ料理ですが、鶏の中は何も入っていません。
また、味付けも味噌がベースです。
どちらも美味しいので、食べ比べてみてもいいかもしれないですね。

 

 

材料さえあれば、煮込むだけの簡単料理のサムゲタン。
寒い冬にも、夏バテをしてしまった夏にも、ぜひ作って食べてみてくださいね。



動画引用元:リード/クラシル/お餅入り 手羽元のサムゲタン風/59秒/ライオン

ライター名:Mio

ライター名

Mio
Mio
中学・高校…バスケットボール
大学…アメリカンフットボール部でアスレチックトレーナー
資格:スポーツフードアドバイザー